2017年11月19日 (日)

「ゲオルク・フィリップ・テレマン 7 没後250年記念」:まだまだ終わらぬテレマン祭り

演奏:Ut/Fa(ウト・ファ) 会場:近江楽堂 2017年10月13日 モンテヴェルディに比べて今一つ盛り上がっているのかどうかよくわからないテレマンイヤー、ここは是非全国推定sign02ウン百万人のテレマン愛好者にはラストスパートをかけていただきたいものである。 そんなテレマンをずっと取り上げてきた宇治川朝政と福間彩のユニットは、今回吹くのは大変だが聞いて楽しめるような曲を特集。 「新しいソナチネ集」「忠実なる音楽の師」「音楽の練習帳」から2曲ずつ演奏した。また、福...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

「セールスマン」:ショウ・マスト・ゴー・オン それでも芝居は続く

監督:アスガー・ファルハディ 出演:シャハブ・ホセイニ、タラネ・アリドゥスティ イラン・フランス2016年 『ある過去の行方』をフランスで撮った後、再びイランへ戻ったファルハディ監督、この新作はトランプ大統領の移民政策がらみで、アカデミー賞の外国語映画部門受賞の際にも話題になった。 冒頭、マンションの倒壊事件が起こってその住民だった夫婦が、住居探しを始める。知り合いに紹介してもらったマンションの一室に入居するが……前の入居者の荷物が残っていたりなど、どうも不審さが漂う。 そん...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

「ラ・プティット・バンド オールJ.S.バッハ・プログラム」:タフにして老怪

会場:浜離宮朝日ホール 2017年10月11・12日 定期的に(?)日本を訪れているようなシギスヴァルト・クイケン率いるLPBの公演、11日の夜の回を聞きに行った。ソプラノ歌手を含む総勢9名の布陣である。 まずは管弦楽組曲の第3番を管楽器とティンパニが入らないヴァージョンから開始。実際にステージに登場したのは5人という極小編成であるため、この曲では定番イメージの「壮麗crown」とは程遠く、なんか全く違う曲に聞こえた。代わりにチェロ(ロナン・ケルノアという人)が際立っ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

「フォンス・ムジケ」:大雨にも負けず寒さにも負けず

会場:武蔵野市民文化会館小ホール 2017年10月6日 リュートの今村泰典主催のフォンス・ムジケ、久々の公演である。今村氏単独では結構頻繁に来日しているが、グループ名義だと関東圏ではもしかして--北とぴあ音楽祭の時以来かsign02(ブログを始める前なので、記録なし) というわけで、平日に職場から武蔵野はあまり行きやすくないのだが、都内ではここしかやらないのである。フォンス・ムジケの公演とあっては致し方ない。頑張って行きましたよ(^^)b 演目はソプラノ独唱によるモン...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 11月版

なんかもう忙しくて、おちおちコンサートにも行ってられません(+_+) *3日(金)フレスコバルディへのオマージュ(廣江理枝ほか):藝大奏楽堂 *  〃  バッハ無伴奏チェロ組曲第1回(鈴木秀美):浜離宮朝日ホール ♪第2回は10日 *11日(土)ラモー コンセールによるクラヴサン曲集(湯上かおりほか):近江楽堂 *12日(日)秋の都電荒川線ライブ(ジョングルール・ボン・ミュジシャン):都電荒川線三ノ輪橋~大塚駅前 *18日(土)マラン・マレその秘められた才能(寺神戸亮ほか):...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」:夕べに「祈り」を聞かば、朝に死すとも可なり

演奏:バッハ・コレギウム・ジャパン 会場:東京オペラシティ コンサートホール 2017年9月24日 モンテヴェルディ・イヤーも後半戦押し詰まってまいりました。ここで真打登場風にBCJが「晩課」を演奏です。この後には「ポッペア」も控えておりますねー。 コルネットとトロンボーンにはコンチェルト・パラティーノが入るという豪華布陣、会場は期待する聴衆で満員御礼fullであります。 しかし、個人的に獲得できたのが一番端っこの席ということで、音的には今イチなのだった。 折角のコン...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

「サヴァール・トリオ ラ・ヴィオール・セルティーク」:静かなるケルト

会場:王子ホール 2017年9月14日 →写真は水戸公演のチラシです 近年、様々なテーマで録音を出し続けているサヴァール、今回の来日のテーマはケルト音楽である。CDは数年前に出ていたと記憶している。 ほとんどは短い曲で、アイルランドやスコットランドの伝統曲や舞曲があれば、様々な時代に作曲家が作った曲もある。それを数曲ずつセットという組曲のようにして演奏した(公演日によってセットは変わったらしい)。 サヴァールはトレブルとバスのヴィオールを使用。トレブルはまるでフィドルのように...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

「ワンダーウーマン」:ファイト・アンド・ラブ 戦闘美女参上

監督:パティ・ジェンキンス 出演:ガル・ガドット 米国2017年 ワンダーウーマンと言われてもアメコミ関係は無知な私ゆえ、名前聞いたことあるぐらいの状態で見に行った。。 霧に隠れた海の中の王国、そこは女だけの国だった(!o!)--となると、当然疑問なのはどうやって生殖活動を行うのかということである。アマゾネスのように外界へ出て男を見つけるのかと思いきや、ギリシャ神話の人物である島民は大人ばかり、唯一の子どもがヒロインのお姫さまダイアナなのであった。 さて、ある日そこに流れ着き...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 2日 (月)

「マントヴァ聖バルバラ教会の音楽とポリフォニー即興」:下は冷蔵庫、上は蒸し風呂、なーんだ?

演奏:セステット・ヴォカーレ 会場:求道会館 2017年9月10日 テノール福島康晴、バリトン辻康介など6名がアカペラでルネサンス期の歌曲を歌う。このグループを聞くのは初めてだが、これまでの公演では世俗曲ばかりだったらしい。 なんでも夏にイタリアにメンバーで研修に行き、マントヴァの聖バルバラ教会で歌ったという。バルバラ教会はゴンザーガ公によって当時のポリフォニー音楽を響かせる目的に特化された作られた空間だとのこと。で、今回はその同時代の宗教曲を演奏するという趣向だ。 パレスト...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 10月版

コンサート・ラッシュでとても行ききれません(>_<) *2日(月)激動の英国、激動のコンティヌオ!(コンティヌオ・ギルド):近江楽堂 *6日(金)フォンス・ムジケ:武蔵野市民文化会館 ♪8日にも横浜ひまわりの郷で公演あり あまりチケットが売れてないと聞いたんですが、マジですかっ(!o!) *9日(月)頌歌 バロック3大作曲家の饗宴(セシリア・コンソートほか):石橋メモリアルホール *11日(水)・12日(木)オール・バッハ・プログラム(ラ・プティット・バンド):浜...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

「スパイダーマン:ホームカミング」:ソフト・ランディング クモの糸よりも軽く

監督:ジョン・ワッツ 出演:トム・ホランド 米国2017年 過去にトビー・マグワイア版、アンドリュー・ガーフィールド版、と見てきたスパイダーマン、今度は15歳という年齢にふさわしい童顔のトム・ホランドが主役である。 その前に彼は『シビル・ウォー』に登場していた。その流れで、アイアンマンことスタークも関わってくる。 そこでは、メイおばさんへニヤニヤと色目を使いながらスタークが接する場面があって、その方向で進むかと思いきや、どうもそうではないらしい。何せ冒頭からメイおばさんが「あ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

「大塚直哉レクチャー・コンサート」:なりは小さくとも

ポジティフ・オルガンinアンサンブル 演奏:大塚直哉ほか 会場:彩の国さいたま劇場音楽ホール 2017年8月27日 チェンバロ啓蒙活動を各地で続ける大塚直哉、もちろんオルガンも忘れてはいませんnotes この日はさいたま芸術劇場で、ポジティフ・オルガンのレクチャー付きコンサートを行ったのであった。このオルガンは会場備え付けのものだとのこと。 まずは大塚氏独奏で耳慣らし。バッハのリュート用組曲からだが、オルガンで初めて聞いた。なんだか左右のリズムが微妙にずれているという...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「フランス音楽の彩を楽しむ 6」:台車の音が……

演奏:宇治川朝政ほか 会場:近江楽堂 2017年8月19日 木の器主催の定例コンサート、今回は総勢6人と比較的大きな編成だった。宇治川&福間彩コンビ以外にヴァイオリン秋葉美香&廣海史帆、ガンバがJ・チータム、トラヴェルソ野崎真弥という顔ぶれである。 冒頭、穏やかでのんびりした調子のオトテールで始まったが、ヴァイオリン2人のみのルクレールになると一転、緊張感が走り二つの楽器がせめぎ合う演奏に。 マレのトリオによる組曲になると、また一転して哀愁味漂う曲調となった。管が二人いるが、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

「人生タクシー」:ノー・ストップ 赤信号は完全無視

監督・出演:ジャファル・パナヒ イラン2015年 国から監督禁止命令を受けたイランの映画監督が「失業中につきタクシー運転手」という設定で、自ら主演した疑似ドキュメンタリー風作品である。 すべて映像はタクシーの車中カメラか、途中で乗ってくる姪っ子が持ってるカメラ(あるいはスマホ映像も)からのものになっている。 当然色んな人が乗ってきて、様々なことを喋る。見てて驚いたのはイランのタクシーというのは乗合になっていて、座席が空いてればどんどん途中で客を乗せてしまうのだ。で、その客同士...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

「LOGAN/ローガン」:ローンウルフ 子連れ狼、国境の北

監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ヒュー・ジャックマン 米国2017年 「ローガンが老眼」……誰でも思い浮かぶギャグ通りの設定である。往年の「X-メン」は今いずこ。ウルヴァリンことローガンはプロフェッサーXと町はずれに隠れ住み、ショボくれた運転手として日銭を稼ぐ毎日である。というのも教授は痴呆症で、薬がないと卓越した超能力者だけに非常なご近所迷惑になってしまうからだ。 老々介護みたいな話で暗いですなあ(ーー;) さらに、研究所から逃げ出してきた少女が自分と同じ能力を(!o...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「Scherzi Musicali 音楽の諧謔」:ミドリにはイタリアものがよく似合う