2017年8月20日 (日)

「真夏の夜のパーセルの夢」:教会と激情

歌とヴァイオルのファンタジー 演奏:高橋美千子ほか 会場:日本福音ルーテル東京教会 2017年7月20日 ソプラノ高橋美千子とガンバ4人の組合せ、前回はフランスルネサンス歌曲だったが、この日はパーセルの作品だった。 有名な歌曲と、ガンバ合奏「ファンタジア」集などの中から交互に演奏するというプログラムである。 聞きなれたパーセルの曲も、高橋女史が歌うと一味ふた味違って聞こえる。 特に「薔薇よりも甘く」--これまでは劇音楽の中の曲とはいえ、なんだか不協和音の嵐の中で曲の表情がクル...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

「メットガラ ドレスをまとった美術館」:ゴージャス 汗と涙と交渉と

監督:アンドリュー・ロッシ 出演:アナ・ウィンター 米国2016年 結論から言うと非常に面白いドキュメンタリー映画だった。ファッション界やアートに興味のある人は見て損はしないだろう。 タイトルのメットガラとは、米国はニューヨークのメトロポリタン美術館で年に一度開かれる服飾部門の資金集めイベント&パーティのことだそうだ。展覧会と連動して行われる。2016年には15億円集めたというからすごい。 ヴォーグ誌の編集長アナ・ウィンター(美術館理事)とそのスタッフが全面協力する。 映画で...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」:カミング・ホーム 君は一人じゃな

監督:ケネス・ロナーガン 出演:ケイシー・アフレック 米国2016年 マンチェスター……イギリスの話なのかなあ、などとボンヤリ思ってたら大間違いng 「バイ・ザ・シー」も入れて一つの町名で、米国が舞台なのであったよ。 ボストンでしがない一人暮らしをする男、兄が急死して故郷の町に戻ると、高校生のおいっ子の保護者になるように求められる。しかし、彼にはこの町で暮らしたくないいきさつがあったのだ。 その「過去の事件」が回想をまじえつつ徐々に明らかになっていく。 そんな過程が、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

バッハ・コレギウム・ジャパン第124回定期演奏会:祝賀ムードで

世俗カンタータシリーズ9 会場:東京オペラシティ コンサートホール 2017年7月17日 祝!世俗カンタータ全曲演奏bell……というわけで、今回の公演はいかにもメデタそうという理由から選ばれた管弦楽組曲の3番から始まった。トランペット隊のトップはもちろん常連マドゥフ氏だいヽ(^o^)丿 前半もう一曲は、何のために書かれたのか不明というソプラノ独唱のカンタータであった。歌手は、見る(聞く)のは十年ぶりぐらいのキャロリン・サンプソン。お懐かしやという感じである。 久し振...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

「タブラトゥーラたなばたライブ」:Tシャツ売ってくれ~

会場:ハクジュホール 2017年7月7日 タブラのライヴに行くのは久し振りである。前に行ったのは2年以上前のようだ。 その2年の間に変化はあったようで、 ☆曲間のつのだ団長の喋りが長くなった。 ☆みんな走り回らなくなった。 高齢化のせいだろうか、以前は団員全員がステージどころか会場内をぐるーっと走り回ったこともあったのに、それを思うと隔世の感がある。 で、演奏自体はさすがに変化はなし。あ、たまに団長が次の曲の楽器を間違えて持ったりしちゃいましたな(^<^) 定番曲「夜の...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

「ハクソー・リッジ」:サイレンス・ソルジャー 独立愚連衛生兵

監督:メル・ギブソン 出演:アンドリュー・ガーフィールド オーストラリア・米国2016年 『沈黙』に続き、再びガーフィールドがいぢめられる役に(>y<;) 思えば『アメイジング・スパイダーマン』でも、いじめられっ子の高校生役だったからその手の役が似合うヤツなのであろうか。 主人公は第二次大戦で兵役を志願するも、宗教上の信念から戦闘行為は拒否。軍法会議もはねのけて念願の衛生兵になる。そして向かった先は激戦地の「ハクソー・リッジ」……。 これが実は沖縄の前田高地だとい...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画短評5~6月期

★「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(字幕版) 監督:ジェームズ・ガン 出演:クリス・プラット 米国2017年 前作の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』をあんまり気に入らなかったのに、今度こそは面白いかな~と思って見に行ってしまった。 で、やっぱり気に入らなかった(>_<) なんたることよspa どうも冒頭の、他のメンバーが闘う脇でグルートが踊ってる場面からして、まずノレない。その後は大宇宙規模の話が「家族」の絆と同じレベルで展開する。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

「バーニング・オーシャン」:デンジャラス 燃える水平線

監督:ピーター・バーグ 出演:マーク・ウォールバーグ 米国2016年 2010年メキシコ湾原油流出事故の実録ドラマ。石油の掘削施設が破損して火災になった揚句、噴出&流出し、環境汚染もひどかった。 親企業と複数の下請け会社が同じ施設内にいて、事故の予兆があってもなかなか連携できない状況が描かれる。 あと不思議だったのは、事故がひどくなっても非常放送とか警報が入らないこと。冒頭の裁判の場面で言及あったっけ(?_?) 最初のトラブルで責任者に連絡もしないし……danger ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 8月版

ムシムシムシ……(ーー゛) 湿気で腐りそうです。が、昨年の夏より注目コンサートが多いもよう。 *5日(土)デュファイ祭:淀橋教会小原記念聖堂 *10日(木)哀しきよろこび~フランス古歌を旅する(夏山美加恵ほか):近江楽堂 *  〃   音楽の諧謔~17世紀イタリアン・バロック名曲選(鈴木美登里ほか):日本福音ルーテル東京教会 *19日(土)フランス音楽の彩を楽しむ6(宇治川朝政ほか):近江楽堂 *23日(水)ヴェネツィアへの誘い(La Musica Collana):ミレニア...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

「ツィマーマンのコーヒーハウス」:タダより嬉しいものはない

調布国際音楽祭2017 演奏:バッハ・コレギウム・ジャパンほか 会場:調布市文化会館たづくり 2017年6月17日 いつのまにか「国際」が付いていた鈴木優人プロデュースの調布音楽祭、ご当地密着型とはいえ扱うジャンルも増えていた。休日に行ける古楽系の公演はこれか……と行ってまいりました。 「バッハの音楽会へタイムスリップ」というサブタイトルが示すように、和気あいあいとした楽しいコンサートであった。 前半は「3台のチェンバロのための協奏曲」が中心で、3台を担当するのは大塚直哉、海...

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

「ネーデルランドのリュート音楽」:踊る国歌

演奏:佐藤豊彦、櫻田亨、櫻田美紀 会場:近江楽堂 2017年6月14日 佐藤豊彦が弟子と娘と共にCDを出し、同じタイトルのコンサートを行った。 リュートだけのアンサンブルで、彼はアルトリュート、櫻田氏はバスリュート、佐藤美紀は珍しくもトレブルリュートを主に担当した。 トレブルはマンドリンと同じくらいの大きさで、これより小さくなると一つの弦を指で押さえることが出来なくなってしまうらしい。 ネーデルランドったらオランダと思ってしまいがちだが、ベルギー、さらにはフランスの一部も指し...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

「ムーンライト」:テンダネス タフでなくては生きていけない

監督:バリー・ジェンキンズ 出演:トレヴァンテ・ローズ 米国2016年 日本では果たして公開されるのか危ぶまれていたほどだったのが、アカデミー賞取り違え事件によって劇的なまでに盛り上がり、なんと「今ここで公開せずしていつやるかーっon」という勢いで前倒しで日本でも公開されたのだった。 広告の写真が3分割になっている通り、一人のアフリカ系でゲイの少年が成長していく過程を三つの時代に分けて描く(その度に呼び名も変わる)。その描写は地味で淡々としているが、映像は計算され尽く...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

コンチェルト・イタリアーノ来日公演

*「聖母マリアの夕べの祈り」 会場:神奈川県立音楽堂 2017年6月3日 リナルド・アレッサンドリーニ率いるコンチェルト・イタリアーノがモンテヴェルディ生誕450年ということで来日した。誠にメデタイことである。 こういう記念イヤーでもないと、有名な古楽団体でもなかなか来日してくれないものだ。 一方で、モンテヴェルディはあまり好きな作曲家ではない--と書くと、不快に思う人もいるだろうが、こればっかりは相性の問題だからどうしようもない。 音楽史的に重要な作曲家であることは重々承知...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

「午後8時の訪問者」:エマージェンシー 堕ちた女医、真夜中の往診

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ 出演:アデル・エネル ベルギー・フランス2016年 ケン・ローチと同様にカンヌの常連、ダルデンヌ兄弟。その新作は珍しくサスペンスthunder そんな触れ込みで宣伝や予告もその線だったが……やっぱり違ったですよ(^^;) 町の小さな診療所で臨時の医師を務める女性医師。診療時間が過ぎた後にドアのベルが鳴った時、彼女は応対に出ず、若い研修医に対しても引き止める。しかし、それが翌日死体となって発見された若い娘だったこ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

聞かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 7月版

早くも一年が半分経過(ーー;) *7日(金)タブラトゥーラたなばたライブ:ハクジュホール *9日(日)太田光子&平井み帆デュオ第30回記念コンサート前夜祭:近江楽堂 *17日(月)海に語る愛~中世ガリシアとポルトガルのファド(藤沢エリカほか):ミューザ川崎音楽工房 この日はBCJ定期もあり、コンサートラッシュの日ですかね。 *20日(木)真夏の夜のパーセルの夢(高橋美千子ほか):日本福音ルーテル東京教会*26日(水)愛と情熱のスカルラッティ(gmt):近江楽堂 *30日(日)...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アンダーウッド大統領を見たくてトニー賞授賞式を覗いてみた