2018年6月16日 (土)

「ラブレス」:サーチ・アンド・ロスト 非情の町

監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ 出演:マリヤーナ・スピヴァク、アレクセイ・ロズィン ロシア・フランス・ドイツ・ベルギー2017年 前作『裁かれるは善人のみ』は国内で非愛国的と非難されるも、国外で映画賞に数多くノミネートされたズビャギンツェフ。この新作もオスカーは取り損ねたものの、米国ではLA批評家協会賞外国映画賞、そしてカンヌでは審査員賞を受賞している。 2012年のロシア、巷では「世界の終りが来る」という噂が漠然とした不安と共に流れている。 主人公は離婚寸前の夫婦で、夫...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

「バロックリュートリサイタル 「せせらぎ」シャコンヌ集」:弦の切れ目が演奏の切れ目

演奏:佐藤豊彦 会場:近江楽堂 2018年5月17日 しばらく前にCD「せせらぎ~フランスバロックのシャコンヌ集」を出した佐藤豊彦が、同じタイトルのコンサートを行なった。CDの方は全15曲中シャコンヌは10曲で、合間にアルマンドとトンボーが収録されている。 ところが、このコンサートでは全曲シャコンヌ尽くしでしかも休憩なしのイッキ弾きonなのであった。 一曲目は老ゴーティエから、ドイツやフランスの様々な作曲家のシャコンヌを弾いていく。(調弦しやすくできるような順番らしい...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

「野々下由香里 ソプラノリサイタル」:涙のダブルブッキング

フランス古典を辿る 会場:近江楽堂 2018年5月11日 目に付くと面白そうなコンサートのチケットは即購入することにしている。BCJの定期が出たーと買い、野々下さんの十八番おフランスもののソロ公演があると聞けばまた買い--と、気が付いてみれば二つとも同じ日時じゃあ~りませんかっ(!o!) トホホsweat02全くドジである。しかも、会場が都内の西と東に遠く分かれていればまだしも、同じビルの同じフロアで隣り合っているのだ。悔しさもひとしお。 よーし、こうなったら二つの会...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」:ロンドン・アンダーグラウンド 首相はつらいよ

監督:ジョー・ライト 出演:ゲイリー・オールドマン イギリス2017年 『ダンケルク』は未見だし、英国近現代史にも疎い私σ(^^)なので、アカデミー主演男優賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞のお手並みを拝見しに行きましたよ。 チャーチルの実物はよく知らねど、別人のようにふくれあがったゲイリー・オールドマンが、押しの一手で困難な時期の指導者を熱演する。まさに一見の価値はあり。 党内のパワーバランスで首相になったものの、与党内でも嫌われ者につき議会運営に苦闘する。国王ともうまく...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」:ハーストーリー 男たちと悪だくみ

監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:メリル・ストリープ 米国2017年 事前の予告や宣伝だと、政府対新聞の衝突impactを描いた社会派映画という印象だったが、実際見たらそうではなかった。 むしろ突然重責を負わされた女性の戸惑いと葛藤がメインであった。 メリル・ストリープ扮するキャサリン・グラハムはワシントン・ポストの社主だが、元々はダンナが亡くなったために仕方なく引き継いだという経緯がある。1971年当時はメディアでそのような地位に着いた女性は皆無だったとのこと...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

「ヴィットリオ・ギエルミ ヴィオラ・ダ・ガンバ・リサイタル」

会場:近江楽堂 2018年5月12日 ギエルミ・アンサンブル公演の後にロレンツォとヴィットリオ兄弟はそれぞれソロ公演を行なった。兄のソロは過去に聞いたので、弟の方のガンバを聞いてきましたよ。 会場は定員100名の近江楽堂。いくらなんでももっと大きな所でもよかったろうに--と思うが、日程の都合とか色々あったのかな? もちろん満員御礼full 様々な作曲家のガンバ独奏曲を取り上げたこの公演、時代順というわけでもなく、冒頭はマレの作品7曲で始まった。 続いて時代を遡り英国に...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

聞かねばならない時もある マイナー・コンサート 6月版

また鬱陶しい季節がやってまいりましたよ\(◎o◎)/! *2日(土)フルートデュオの世界 有田正広&前田りり子:近江楽堂 *9日(土)Ut/Fa(渡邉さとみほか):近江楽堂 *14日(木)野入志津子アーチリュートリサイタル:近江楽堂 *29日(金)~7月1日(日)チェンバロ・フェスティバルin東京:浜離宮朝日ホール 調布国際音楽祭もありますね。 これ以外はサイドバーの「古楽系コンサート情報」をご覧ください。

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

「ギエルミ・アンサンブル」

会場:東京文化会館小ホール 2018年5月10日 一家3人+日本人1名で来日、3回の公演にプラスしてソロ公演もありというツアー。鍵盤の兄ロレンツォとヴァイオリンの平崎真弓は過去に別のグループで来日していた。 とはいえ、この日の中心はロレンツォと弟のガンバ弾きヴィットリオなのは間違いない。二人で、バッハ、マレ、フォルクレと半分の時間を演奏したのである。バッハのガンバ・ソナタはかなりゆっくり目でちょっと意外だった。 ただし、聴衆の耳目を引いたのは平崎真弓だろう。オルガン原曲のバッ...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

「リメンバー・ミー」(字幕版):ノー・ミュージック、ノー・ライフ 瞼の爺

監督:リー・アンクリッチ、エイドリアン・モリーナ 声の出演:アンソニー・ゴンサレス 米国2017年 ふと気付いたら2カ月間も日本の映画興収ベスト10に入り続けた本作、さすがピクサーだ……というより、日本人こういうのが好きなんだなあ(!o!)なんて思っちゃいました。 『ブラックパンサー』が全編アフリカ押しだったのと同様、こちらは完全「メキシコ押し」。舞台やキャラクター、声を演じる役者もみな完全統一だ。 少年ミゲルは家業の靴屋より音楽をやりたいが、なぜか家では音楽はタブー。原因は...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2018

モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ 会場:東京国際フォーラム&東京芸術劇場 2018年5月3~5日 今年から「ジャパン」が取れて「TOKYO」が付いたLFJ。しかも池袋と丸の内という分散開催になった。ピーター・バラカンがラジオで「オリンピックの関係で国際フォーラムの一部が使えなくなったため」と言っていたけど、そうなんですか? まあ、基本会議室であるフォーラムよりは、芝居用ホールもあるとはいえ、音楽鑑賞には池袋の方が向いているに決まっている。 ただ、両会場の移動は30分かかるから...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

TVドラマシリーズ「ウエストワールド」シーズン1:アンドロイドは永遠の愛を夢見るか

遅まきながら米国のドラマ「ウエストワールド」シーズン1全10話を見た(レンタルDVD)。日本ではスターチャンネルで放映して、その後ネットでも見られるようである。 感想は一言で言えば、「いや~、面白いbomb」であった。 原作はマイケル・クライトンだが、同じなのは設定ぐらいで恐らくかなり変えているに違いない。 大昔ユル・ブリンナー主演で映画化されたのを見た。それはほとんど後年の「ジュラシック・パーク」に似たようなものだった。つまり精巧なロボットによる西部劇そのままの遊園...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

「ハッピーエンド」:ファミリー・トラブル 幸せならスマホしよう

監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:イザベル・ユペール フランス・ドイツ・オーストリア2017年 前作『愛、アムール』がカンヌのパルムドールやさらにはアカデミー賞外国語映画賞まで取ってしまったハネケ。しかし、最新作はそれを反省したかのようにまたもやイヤミと皮肉に満ちたものであった。 冒頭、スマホの画面が写る。どうやらどこかの家庭で洗面所にいる女性を撮って、明らかにSNSに流している。続く映像も同じ家のようだが、ペットのハムスターを殺し、さらに穏やかならぬ事態を映し出していく。 と...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

「ジュリアン・マルタン氏を迎えて」:一心同笛

*「テレマン リコーダー二重奏ソナタ」 2018年4月20日 *「フランスの室内楽作品」 2018年4月21日 会場:近江楽堂 木の器主催公演、今回はフランスのリコーダー演奏家ジュリアン・マルタンをゲストに2日間連続で行われた。 1日目は宇治川朝政と二人で全曲テレマン二重奏。アルトリコーダー、ボイスフルートを使い、一曲だけマルタン氏の独奏があり、頭からシッポまでテレマン尽くしヽ(^o^)丿の感があった。 迫真の演奏でいつになく宇治川氏の顔も緊張で引き締まっていたような……あ、...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

「ブラックパンサー」:デザイン・イズ・パワー 猫だ!虎だ!いや○○だ!

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にも出てきたブラックパンサーが満を持して単独で登場である。 彼が王位に継ぐことになる事件が『シビル・ウォー』で起こったわけだが、そも母国のワカンダとは貧しい農業国--とは仮の姿。してその正体とは、謎の鉱石の存在によって超が付くくらいに発達した文明国であった(!o!) 正体を隠しつつ各国に隠密ならぬスパイを放ち、今日も今日とて諜報活動を行う。 ここで、そんな優れた国がご近所の国の貧困や紛争を傍観していていいのかという問題が浮上する。これは...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

聞かねばならない時もある マイナー・コンサート 5月版

*3日(木)~5日(土)ラ・フォル・ジュルネ東京:丸の内&池袋 池袋と丸の内に分かれたせいで、はしごも楽ならず。 *10日(木)ギエルミ・アンサンブル:東京文化会館小ホール *11日(金)バッハ・コレギウム・ジャパン定期:東京オペラシティコンサートホール *  〃   野々下由香里ソプラノリサイタル:近江楽堂 ダブルブッキンクの失態ng さてどちらを聞くべきか。 *12日(土)人間の声、天使の声(ヴィットリオ・ギエルミ):近江楽堂 ♪ガンバ独奏公演 *13日(日)バッ...

» 続きを読む

| | トラックバック (0)

«「シェイプ・オブ・ウォーター」:イリーガル・エイリアン 鰓から愛して