« 本を捨てるということ | トップページ | 痕跡(東京国立近代美術館) »

2005年2月19日 (土)

「One Fine Day」(大貫妙子)

発売:東芝EMI 2005年

ター坊、キタ~~~ッ! という感じですか。
前作の「note」と大体同じ路線で、ウェスト・コースト風のサウンドが中心。全体的になごみ系である。小さな歌詞のブックレットにご本人による各曲の短いコメントあり。
「男性にだって乙女心はあります。ですよね?」という一文には思わず笑ってしまった。こういうところ、いかにも「らしい」です。

まだ聞き始めたばかりなのではっきりしたことは言えないが、前作より気に入りそうな予感だ。
ただ、私は「ensemble」のようなヒリヒリした感じも好きなので、微妙な心境ではある。
が、昨年末のコンサートは行かなかったのだが、次回は必ず行くことにしようと固く決意したのであった。

|

« 本を捨てるということ | トップページ | 痕跡(東京国立近代美術館) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/3000205

この記事へのトラックバック一覧です: 「One Fine Day」(大貫妙子):

« 本を捨てるということ | トップページ | 痕跡(東京国立近代美術館) »