« ビーバー「ロザリオのソナタ」全曲 第2回「受難」 | トップページ | 果たして何がエイプリル・フール? »

2005年3月31日 (木)

「大統領の理髪師」

監督・脚本:イム・チャンサン
出演:ソン・ガンホ、ムン・ソリ
韓国2004年

う~む、これは事前の予想とはだいぶ違っていた。
もっと、「大統領付き理髪師」な話が中心かと思ってたら、そうじゃなくて、騒乱の日に生まれた息子の話からマ~ッタリと進行するのであった。
となれば、これは息子の生い立ちに象徴される韓国現代史をたどった作品、と受け止めた方がよいだろう。ラストの成長した彼の姿は現在の韓国が投影されている? 従って、そこら辺の歴史に詳しくない他国の人間には今イチ分かりにくい。

それにしても、主役のソン・ガンホはあまりにも上手過ぎ! 卑屈で小心で平凡な人間であると同時に必死で健気な父親を全く矛盾することなく演じている。息子のことをヘコヘコと頭を下げて謝るのや、真冬の川を裸足で渡るのを見て、ジ~~ンとしてしまったよ。

役者たちの演技には文句はないが、一方監督の演出にはやや不満あり。というわけで、下記のような点数になった。
それから、ビロウな場面が幾つか出て来るので、ビデオで見る予定の人は食事しながら鑑賞するのは避けた方がよろし。

ところで四捨五入ってホントに日本が発祥の地なんだろか?

主観点:6点
客観点:7点

|

« ビーバー「ロザリオのソナタ」全曲 第2回「受難」 | トップページ | 果たして何がエイプリル・フール? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/3513663

この記事へのトラックバック一覧です: 「大統領の理髪師」:

» cinema@大統領の理髪師 [RummyChocolat]
『シュリ』や『殺人の追憶』で知られる実力派、ソン・ガンホ主演の 『大統領の理髪師 [続きを読む]

受信: 2005年4月20日 (水) 02時37分

« ビーバー「ロザリオのソナタ」全曲 第2回「受難」 | トップページ | 果たして何がエイプリル・フール? »