« 当事者であるかどうか | トップページ | 「マルセル・デュシャンと20世紀美術」 »

2005年3月14日 (月)

「さまよう刃」(東野圭吾)

朝日新聞社2004年
1700円

東野圭吾の小説を読んだのは初めて。
少年犯罪と少年法の矛盾が取り上げられているが、その論議より気になったのは、登場人物が善悪、白黒すっぱり分かれてしまっていることだ。つまり、善人はとことん善人で、悪人はとことん悪い。ここには限りなく白に近い灰色とか、限りなく黒に近い灰色や、白黒モザイク状態になっている人物は出て来ない。こういう人間観を前提にしているのであれば、少年犯罪の問題も決着を付けやすいことだろう。
だが、現実は……。

さらにミステリとしての謎解き部分にとあるキーパーソンが登場して来るが、その正体が明らかになった時、少し腹が立った。「あんた自分でやれば?」「他人に押しつけてんじゃねーの」などとそいつに言いたくなったのである。

この作者の本を読むことは恐らく二度とあるまい。

|

« 当事者であるかどうか | トップページ | 「マルセル・デュシャンと20世紀美術」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/3304083

この記事へのトラックバック一覧です: 「さまよう刃」(東野圭吾):

« 当事者であるかどうか | トップページ | 「マルセル・デュシャンと20世紀美術」 »