« 「ウェルカム・ホーム」(トード・ザ・ウェット・スプロケット) | トップページ | 「ライトニング・イン・ア・ボトル」 »

2005年4月30日 (土)

アヤシイ新型車両

JR福知山線の脱線事故で巷は大騒ぎだが、事故原因の一つとして新型車両のせいではないかと取りざたされている。
私の使っている路線でも4月からピカピカの新型車両が導入された。--いや、導入されていたというべきであろうか。スチール性の車体でドアの上には停車駅を知らせるモニターが付いてたりしたいかにも新品な電車であった。だが、学校の新学期が始まる始業式の日の朝、学生がドッと増えた時突然駅で止まったまま動かなくなってしまったのである。原因はドアの動作不良ということで、上手く閉まらなくなってしまったらしい。結局、乗客は隣の駅で降ろされてしまった。
その日以来、その新型の車両を見かけていない。たまたま私が乗っている時間帯に走らなくなってしまっただけかも知れないが……。
恐るべし!新型車両、である。ボロボロの古い車両を選んで乗った方がいいのかも知れん。

|

« 「ウェルカム・ホーム」(トード・ザ・ウェット・スプロケット) | トップページ | 「ライトニング・イン・ア・ボトル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/3917602

この記事へのトラックバック一覧です: アヤシイ新型車両:

« 「ウェルカム・ホーム」(トード・ザ・ウェット・スプロケット) | トップページ | 「ライトニング・イン・ア・ボトル」 »