« 「ライトニング・イン・ア・ボトル」 | トップページ | 遂に見終った「攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG」 »

2005年5月 4日 (水)

オブレヒト没後500年記念ミサ曲連続演奏会

曲目:ミサ《スブ・トゥウム・プレジディウム》
演奏:ヴォーカル・アンサンブル カペラ
会場:聖アンセルモ・カトリック目黒教会
2005年4月29日

ヤコブ・オブレヒトは1400年代末から1500年初頭にかけて活躍したフランドル(ベルギー)の作曲家。今年は没後500年にあたり様々な催しが予定されている……かどうかは知らないが、記念連続公演の第一回めである。
ちなみに、昨年はビーバーの没後ウン百年だったようだが、クラシック界ではこの手の「没後」とか「生誕後」記念のコンサートをやって景気づけを行なうもよう。しかし、オブレヒトですよっ! こんな頭に超がつくマイナーな作曲家では、誰が知るか~という感じだ。私もCD一枚も持っていない(多分)。

会場が教会とあって、祭壇の前に行ってグレゴリオ聖歌を独唱するなど実際のミサの形式に近づけていたようだ。オブレヒトが作曲したポリフォニーのコーラス部分はとても美しく気持ち良過ぎるので、寝てしまうのではないかと一抹の不安がよぎったのであった。(~_~;)
ミサ曲が悲壮な感じになって行ったのはバロック以降のことで、中世・ルネサンス時代のミサ曲というのはほほんとした悠長な曲調がほとんど。こんなのを聴いていて、当時の人も眠くならなかったのかと思うが、多分合間に司祭の説教が入ったりするから大丈夫なのだろう。(余計眠くなったりして?)
案の定、最終曲のモテットに至って遂に眠気虫の襲来が……。トホホ

この教会は、以前室内楽の公演で来た事があったが、その時はホールの残響が大き過ぎて音がよく聞き取れなかった。しかし、この手の合唱だと神秘的な感じになって大変よろしい。
通し券を買ったので次回も行く予定。

|

« 「ライトニング・イン・ア・ボトル」 | トップページ | 遂に見終った「攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/3974294

この記事へのトラックバック一覧です: オブレヒト没後500年記念ミサ曲連続演奏会:

» ヴォーカル・アンサンブル カペラ オブレヒト:ミサ「スブ・トゥウム・プレジディウム」 [えすどぅあ]
今朝友人から「凄いことに」との電話。有楽町へ立ち寄ってみたところほんとに凄い人出で当日券のチケット買うのに長蛇の列。結局、アマチュア... [続きを読む]

受信: 2005年5月 5日 (木) 19時33分

» 「ポリフォニー」でブログ検索してみました。 [日刊カタログ]
「 ポリフォニー 」の検索結果で、「ひねくれ者と呼んでくれ .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。 [続きを読む]

受信: 2005年5月12日 (木) 02時11分

« 「ライトニング・イン・ア・ボトル」 | トップページ | 遂に見終った「攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG」 »