« 「バス174」 | トップページ | 「ラヴェンダーの咲く庭で」 »

2005年7月14日 (木)

直木賞にビックリ--はもう慣れた

さて、今期の芥川賞・直木賞が発表されたが、特に注目は直木賞。

リンク: @nifty:NEWS@nifty:芥川賞に中村文則さん、直木賞は朱川湊人さん(読売新聞) .

正直言って、候補作家の中でこの人だけを知らなかった……。スマヌ。
『となり町戦記』なんかあんなに話題になっても取らないのか。恩田陸、森絵都はもう取ってもいいんじゃないのとゆう感じ。まあ、以前『火車』で宮部みゆきが取れなかったしねえ。なんかズレているんである。
いかなる力学が働いているのか?
……などと作品自体の評価より賞レースの方が注目されてしまうのは困ったもんではある。

と言いつつも、「文学賞メッタ斬り!」をチェックしてしまうのであった。

|

« 「バス174」 | トップページ | 「ラヴェンダーの咲く庭で」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/4971996

この記事へのトラックバック一覧です: 直木賞にビックリ--はもう慣れた:

« 「バス174」 | トップページ | 「ラヴェンダーの咲く庭で」 »