« 真夏に聴きたい音楽 その1 | トップページ | 選挙だよ、全員集合! »

2005年8月10日 (水)

「ヴェラ・ドレイク」

監督:マイク・リー
出演:イメルダ・スタウントン
イギリス・フランス・ニュージーランド2004年

オスカーは逃したものの、この年の主演女優賞を総ナメにして話題となった映画。
良き妻、良き母のヴェラは家政婦として働きながら、平凡ながら幸せな家庭生活を送っていた。しかし、彼女は「人助け」として陰で堕胎を行なっていたのである。そしてとうとうある日、警察が踏み込んでくる--。

冒頭から戦争直後の英国庶民の地味な暮らしがよく描かれている。ヒロインもいかにも地味~なおばさんで、鼻歌交じりに家政婦の仕事を着実にこなしていく。そして、彼女にとっては中絶の作業も家政婦の仕事とあまり変わらないような調子に見える。

もっとも中絶の是非についてなどはほとんど触れられない。金持ちの娘と貧乏人では差がある、ということが描かれているだけだ。
代わりに後半の逮捕されてからの、彼女の家族の対応に重点が置かれている。ダンナさんは立派な人物で、ヴェラを支える。ダンナの弟は立派な人物で、兄を支える。娘の婚約者も立派な人物で、一家を支える。
えー、つまりここに描かれているのは固い絆を持った家族の姿なのだが、あまりに立派過ぎて現実には思えず、ほとんどSFかファンタジーを見ているような気がする。

一言で言えば良い話だが「辛気くさい」のである。イメルダ・スタウントンの熱演は疑いようはないんだけどさ。(恐るべし!英国オバさんパワー)
私のようなひねくれ者だと、ヴェラが仕置人みたいに人助けで「暴力亭主」とか「守銭奴の金貸し」を殺したりする方が面白いと思っちゃうんだが。……あれ、前にこういう映画あったっけ(^^?(さもなければ、ポックリ逝くことを願う老人を殺し回ったりとか)

さらに、私は監獄の中で鼻歌交じりに鉄格子をキュッキュッと磨いている彼女の姿を思い浮かべてしまったのであった。(^=^;
まあ、ひねくれ者には向いていなかった映画であるということで……。


主観点:6点
客観点:7点

|

« 真夏に聴きたい音楽 その1 | トップページ | 選挙だよ、全員集合! »

コメント

コメントありがとうございました。

>あまりに立派過ぎて現実には思えず、ほとんどSFかファンタジー

↑笑いました。

そうですね~。
私としては、ありえないからこそ信じたいって感じですかね~。

投稿: toe | 2005年9月18日 (日) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/5389232

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヴェラ・ドレイク」:

» 彼女の気持ちが見えてこない◆『ヴェラ・ドレイク』 [桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」]
9月9日(金) 名演会館にて アカデミー賞では『監督賞』 『主演女優賞』 『脚本賞』にノミネートされた、マイク・リー監督の新作。こういう作品を「それほど面白くなかったし、感動もしなかった」と言うと、「冷酷な人間」という烙印を押されるのかもしれない。でも正....... [続きを読む]

受信: 2005年9月13日 (火) 16時45分

» ヴェラ・ドレイク [toe@cinematiclife]
見たいな~。と思っていて、最終日にギリギリ間に合って見ることができた。 銀座テアトルシネマにて鑑賞 <STORY> 第二次大戦後間もないイギリス。 ヴェラ・ドレイク (イメルダ・スタウントン) は複数の家の家政婦をしている。 夫は弟と車の修理工場を経営し、長男・シドは仕立て屋、長女・エセルは電球工場に勤務している。 世話好きなヴェラは、一人暮らしの隣人レジーを食事に招待する。 それが縁でエセルとレ... [続きを読む]

受信: 2005年9月18日 (日) 02時34分

» 54-ヴェラ・ドレイク [徒然日誌]
以前「ヒトラー」を見にいったときに見た予告で内容がとても気になっていた「ヴェラ・ドレイク」を観にいった。 人のいい世話好きなおばさんが逮捕されるのはなぜか?一体彼女は何を手伝っていたのか?というところが知りたくて。 主人公ヴェラ・ドレイクという困っている人を放っておけない女性。お金持ちの家政婦をして労働者階級のアパートに住み、病気の隣人宅を訪ねては手助けをする毎日。困っている人に喜ばれることを喜びとしている。... [続きを読む]

受信: 2005年9月24日 (土) 09時54分

» ヴェラ・ドレイク(評価:☆) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】マイク・リー 【出演】イメルダ・スタウントン/フィル・デイヴィス/ピーター・ワイト/エイドリアン・スケアボロウ/ヘザー・クラニー/ [続きを読む]

受信: 2005年10月18日 (火) 00時39分

» 「ヴェラ・ドレイク」映画の力を実感!秀作 [soramove]
「ヴェラ・ドレイク」★★★★ イメルダ・スタウントン、フィル・デイヴィス出演 マイク・リー監督 フランス=イギリス=ニュージーランド、2004年 1950年、ロンドン 夫と二人の子供と 貧しいながら 幸せに暮らしている。 夫婦は何度も「幸せだ」と語る。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年1月17日 (火) 07時44分

« 真夏に聴きたい音楽 その1 | トップページ | 選挙だよ、全員集合! »