« やなぎみわ「無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語」 | トップページ | レコードの溝の間に潜む何ものかについて »

2005年9月27日 (火)

「エロイカより愛をこめて 32」(青池保子)

秋田書店(プリンセス・コミックス)
2005年

皆様、少しお騒がせ致します。m(_)m

エロイカ、キタ━━━(@∀@)━━━!!!!

失礼致しました。_(_^_)_

いや、それだけなんですけどね(^^ゞ
Qって久々に出て来て、完全に忘れてました。おかげで何冊も遡って探す羽目に……(トホホ)。
ここしばらく、往年のジェイムズ君のボロボロさの程度があまりひどくなくなっているような気がするんだが、さすがにやり過ぎという事で修正したのでありましょうか。
もっとも代わりに少佐の部下の勤勉度はかなり低下しているようだが--。

表紙裏のケルトの渦巻模様の中にジェイムズ君とボーナムがさりげなく入っているのに笑った。
次が出るのが待てんぞ~。

|

« やなぎみわ「無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語」 | トップページ | レコードの溝の間に潜む何ものかについて »

コメント

 私も今日コミックスを買ってきました。
Qってだれだっけ〜? 顔みても思い出せませんでした。
22,23巻の「トロイの木馬」の時のフランスの諜報員だったのね。
私もさかのぼって、コミックスを調べましたとも!
 最近本屋さんで表紙を見ても、何巻まで買ったか思い出せないタイトルがあります。「エロイカ」とか「クリ・ドラ」とか「妖精国の騎士」とか…… なさけね〜

投稿: しの | 2005年9月30日 (金) 22時40分

しのさん、どもども(^^)/
|何巻まで買ったか思い出せないタイトルがあります。

それを言ったら完全に忘れた頃に出る「ガラかめ」はどーする!でございますよ。
一方、前巻を「後で読もう」と置いておくといつの間にか次の巻が出てしまう「ぼのぼの」にも困ってしまいますが。

投稿: さわやか革命 | 2005年10月 1日 (土) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/6139238

この記事へのトラックバック一覧です: 「エロイカより愛をこめて 32」(青池保子):

« やなぎみわ「無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語」 | トップページ | レコードの溝の間に潜む何ものかについて »