« だから、それはミスじゃないって | トップページ | 「チャーリーとチョコレート工場」 »

2005年10月 9日 (日)

杉本博司「時間の終わり」

会場:森美術館
2005年9月17日-2006年1月9日

杉本博司は写真家--といっても、その対象はフツーのものではない。映画館の上映中のスクリーンとか(←これは確かNTTが昔広告でパクって騒ぎになったはず)、何も無い水平線とか、博物館によくあるジオラマとか、変わったもの--じゃなくて、よくあるけど通常なら撮影の対象にならないようなものばかりをモノクロで撮っているのである。
以前から単品では展覧会で目にして来たが、代表作を集めた回顧展という事で行ってみた。

入口すぐの所にあるのは複雑な幾何学の模型を撮ったシリーズ。例えば「平均曲率が0でない定数となる回転面」……って文系者の私にはなんのことかよく分からんが、反復する球面やら線やらモノクロで浮かび上がるその形象は人工的であると同時に、人間の作為が関与しない自然の極致であるようにも思える。

各シリーズごとに作者自身の解説が簡単に掲示されている。それを読んで、これまで知っていた作品でも改めて納得したり、意外に感じたりしたのだが、その意味で極めて衝撃的であったのは「ジオラマ」と「肖像写真」のシリーズだ。

「ジオラマ」シリーズは以前見た時には意図が不明であった。博物館に飾られているような人形やら剥製をそれらしきセットに置いて展示するジオラマというのは、なにやら田舎のあか抜けない見世物風という印象が否めない。なんだか、銭湯の大きな壁画のように「ニセモノ」感が漂うのが常であろう。なんでわざわざそんなものを撮影するのか?
だが作者によると、一旦カメラを通して写真にするとにわかに「本物」ぽく見えるからだという。なるほど確かに、「ジオラマ」と銘打たれていなければ、本物の自然を写したものと勘違いしていまいそうなのもある。

実は、類人猿の生活を再現したジオラマを撮った作品を以前から見るたびに、なぜか「2001宇宙の旅」の場面が頭の中に浮かんでくるのだが、その時は単に両方とも同じような場面を題材にしているからだろうと考えていた。だが、それだけではなかったのだ。
「2001」で類人猿たちがたむろしたり争う場面は、もし現在の映画ならば当然背景と人物を合成して作るだろうが(いやそもそも類人猿もCGか?)、当時はそうではなかった。それこそ、セットに着ぐるみを着た役者を置き、さらに背後に置いたスクリーンにアフリカで撮影した広野の光景を投影した--つまりジオラマ方式であの一連の場面を撮影していたのである。
とすれば、この杉本博司のジオラマの写真と似ているのも当然。同じ方式で撮っているのだから。そして「2001」あの場面にもカメラというものを通した虚実のマジックが存在したのだなあ、とヒシと感じたのであった。

そうして見るとさらに驚かされたのは「肖像写真」シリーズだった。あのヘンリー八世と6人の妻たちの大きな肖像写真が並んで飾られている。まるで本物の彼らが今出現して、カメラの前に座りポーズを取ったのをそのまま撮影したかのようにしか見えない。
しかし、実際には彼らが生きている時代に描かれた肖像画があり、それを元にロンドンの蝋人形館は蝋人形をソックリに作成する。その人形を借りて、当時の照明を再現してセッティングし、肖像写真として撮ったというのだ。
実在するのはあくまで「ソックリな蝋人形」である。そのモデルとなった人間はとっくに死んでいる。しかしカメラを通した時にそこに立ち現われるのは「生きている人間」なのである。
蝋人形という「事実」をギミック無しに撮影したにも関わらず、まるで生きているようなヘンリー八世という「虚構」をカメラは提示するのだ。写真とは事実をそのまま見せるものではなかったのか?それは誤解だったのか? いやそれとも人間の眼が勝手に虚構を作り上げるのか。
一枚の肖像写真の前に虚実がスリリングに交錯する。見ていて思わず興奮してしまったのであった。

あと、「海景」シリーズも素晴らしい。世界各地の純粋に海と空と水平線だけ(岸とか船とか一切なし)を撮影し、しかも水平線の位置をどの作品でもちょうど中間に固定している。それゆえ当然、基本的には同じような構図なのだが、霧やもやがボヤボヤとかかってたり快晴でクッキリハッキリしていたりの差はあるし、モノクロでも微妙な色の違いはある。
作者自身が会場の設定をしたそうだが、暗めの照明の中に展示されているそれらを見ていくと、眼の焦点が合わずにボヤーっとした気分になってきて一種のトランス状態に似た感じになってくる。(以前、マーク・ロスコの巨大な単色の絵画作品を見た時にも同じようになったことがあった)
「こりゃ~、いいこんころもちだ~~、ヌヘヘヘ(^Q^)」と怪しげな酔っ払いのように薄暗い中をフラフラして歩いていたのであった。

映画館で作品を上映中の間、ずーっとシャッター開きっ放しにするという「劇場」シリーズは館名だけでなく、映画ファンとしては是非、映画名も掲示して欲しかった。写真の中ではどれでもスクリーンが真っ白に輝いているだけになってしまうのだが、それでもその光の集積こそが映画そのものなのだから。

その他、三十三間堂の仏像全てを自然光で撮りまくって長く繋いだ絵巻みたいなヤツ、およびそのビデオ作品、水墨画の松の絵を再現したもの(皇居で理想の松を発見したとか)、有名な建築をわざと焦点ぼやかして撮ったものなど、色々あった。

いずれのシリーズにしても、写真というものの虚と実、「見る」という事の意味など様々に考えさせられ、想像させられるものであった。マシュー・バーニー展は遠くて行けなくて残念無念であったが、これはそれに匹敵する(?多分)今年度後半の目玉展覧会の一つだろう。
興味ある方は時間を多めに取ってゆっくりと見て下せえ。

なお、またもカタログよりも展覧会限定ポスターというのに気を引かれ、散々迷った揚げ句(だーって、四千円ナリなのよ)意を決して買おうとしたら、「完売です」だって……。まだ始まって二週間も経ってなかったのにあんまりだー。だったら、「完売」マークを付けといてくれよう。(T_T)


ところで、森美術館て現代アートのかなりマイナーなやつとか実験的なやつとかでも結構人が入っていて不思議だったのだが、ようやくそれは展望台と美術展のチケットがセットになっているからだと気付いた。だから、興味のない人でも展望台のついでに「見てみっか」と寄っていくのだ。
今回も修学旅行のリアル中坊とか観光客風の派手めなオヤヂさんとか、客にかなり混じっていたもよう。道理でと納得した。
それなら客が少ないとか取りざたされている東京現代美術館も、隣接している木場公園に「ジブリパーク」でも作ってセット券で売ればいいのにね。入場者倍増確実だろう。


【関連リンク】
「杉本博司展」
森美術館 http://www.mori.art.museum/contents/sugimoto/
六本木ヒルズ http://www.roppongihills.com/jp/events/sugimoto.html

|

« だから、それはミスじゃないって | トップページ | 「チャーリーとチョコレート工場」 »

コメント

TBありがとうございました。
幾何学の模型の一部が撮影されている展示室で
この展覧会に来たこと?と思いましたが
それは杞憂でした。

写真でこれだけ泣かせることが出来る人って
相当強い信念、信条をお持ちなのでしょうね。

投稿: Tak | 2005年10月12日 (水) 20時28分

コメントどうもです。
あれだけの作品数をガーッと見るのは感動でした。最初の模型は「導入部」という感じでしょうか。(苦笑)

投稿: さわやか革命 | 2005年10月15日 (土) 05時55分

こんにちは。
杉本博司つながりでやってきました。
私にとってとても刺激的な展覧会でしたよね。
また遊びに来ます。

投稿: るき | 2005年10月15日 (土) 07時10分

るきさん、コメント・TBありがとうです。
そちらのブログも拝見さしてもらいました。ロック系の話題も結構ツボでしたよ。ここに書いてもナンですが、スクリッティ・ポリッティのグリーン、人気ありましたよねー。(完全懐古モード)

投稿: さわやか革命 | 2005年10月15日 (土) 09時33分

はじめまして。TBさせていただきました。私は2週間も前に展示を観に行ったのですが、いまだにあのときの衝撃・感動がありありとよみがえってきます。「ジオラマ」は宣伝の写真を見ていた当初、本当の動物だと信じていました。

投稿: あきぽん | 2005年10月15日 (土) 22時13分

あきぽんさん、コメントもありがとうです。
「ジオラマ」は海中場面を撮ったのもかなりホンモノぽかったですねえ。実物を見たら「うそくさー」なんて思っちゃうんでしょうが。

投稿: さわやか革命 | 2005年10月17日 (月) 21時30分

はじめまして、トラバさせていただいやした。
杉本博司展、僕はだめでした。
説明が必要な作品全般は、基本的に「ふ~ん」で終わっちゃいます。
ただ、ピンボケ写真が良かったのと、自分の考えが変わるかもとの期待をこめて彼の著作は読んでみようと思ってます。

投稿: キマキマ | 2005年11月 8日 (火) 01時16分

コメントとTBありがとうです。

|説明が必要な作品全般は、基本的に「ふ~ん」で終わっちゃいます。

こういうのを「こんせぷちゅある・あーと」って言うんでしょうか。それを「面白い!(ポンと手を打つ)」となるかどうかは人によって様々なんでしょう。
写真じゃないですが、先日「シグマー・ポルケ展」に行った時は、「分からん分からん、なんじゃこりゃ?」状態になってしまいました。

投稿: さわやか革命 | 2005年11月10日 (木) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/6318756

この記事へのトラックバック一覧です: 杉本博司「時間の終わり」:

» 「杉本博司展」 [弐代目・青い日記帳]
森美術館で開催中の 「杉本博司:時間の終わり」展に行って来ました。 雑誌「BRUTUS」で見るまでは 恥ずかしながらこの世界的な写真家の名前を知りませんでした。 ブルータス578号「杉本博司を知っていますか?」 ブルータス「杉本博司を知っていますか?」 Tak「知りませんでした。。不覚にも[:しょんぼり:]」 でも、この雑誌で杉本氏を知ることができ幸運でした。 そして、知ってすぐに森美術館で氏の作品に接する機会があったのもまた。 チャンスは生かさないといけま... [続きを読む]

受信: 2005年10月12日 (水) 20時25分

» エンド・オブ・タイム End Of Time [憂鬱天国 - my blue heaven -]
この前の連休のお目当てのひとつは「杉本博司 時間の終わり」にありました。杉本博司について一言で説明す [続きを読む]

受信: 2005年10月14日 (金) 22時07分

» 時を越える [あきぽんの日々つれづれ]
今日はお休みの日。(土曜は毎週出勤の変わりに平日が休みなのです)美容院に行くついでに六本木ヒルズのレオナルド・ダ・ヴィンチ展と「杉本博司・時間の終わり」を観てきました。 レオナルド・ダ・ヴィンチ展は彼が晩年に研究し続けてきた科学や天文学などについて記...... [続きを読む]

受信: 2005年10月15日 (土) 22時10分

» 杉本博司『時間の終わり』? [Aquarian's Memorandum]
杉本博司の写真展『時間の終わり』を見、それについての浅田彰の評論『写真の終わり』を読んで、それほど画期的な出来事なのか、疑問に感じた。 [続きを読む]

受信: 2005年11月 7日 (月) 15時33分

» 六本木ヒルズ [私の死臭]
杉本博司: 時間の終わりを見に初めて六本木ヒルズへ行く。 展望台からの景色は激しく曇っていて遠くの方は殆ど何も見えなかったが、彩度のない世界が気持ちよい。 杉本博司という人は何の予備知識もなく行ったのだが、特別印象に残るものもなかった。 シャッターを開放にして映画を一本分撮ったという作品群があった。 絵的には、ただ白いスクリーンのある劇場の写真だが、これで「映画一本分を1枚の写真に収めた」という洒落は個人的には楽しめない。 ピンボケの写真群は良かった。 滅多に来ないし、子供の... [続きを読む]

受信: 2005年11月 8日 (火) 01時10分

» 「杉本博司 時間の終わり」、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 [ミチミチ]
「杉本博司 時間の終わり」 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 六本木ヒルズ 森美術館 両展示会に行ってきました。ダ・ヴィンチ展のほうが人が多かったかな。 「杉本博司 時間の終わり」 日本を代表するアーティスト。1975-2005までの仕事 「レオナルド・ダ・...... [続きを読む]

受信: 2005年11月11日 (金) 17時16分

» 杉本博司「時間の終わり」 @六本木ヒルズ (写真展) [東京右往左往]
日本の写真界の第一人者による、非常にわかりやすい写真展、ということであったのであ [続きを読む]

受信: 2005年11月17日 (木) 00時49分

» 杉本博司「時間の終わり」@六本木ヒルズ [ayanolog]
六本木ヒルズの森美術館でやっている、杉本博司「時間の終わり」の話です。六本木ヒルズmeetupのときに見たものだから、だいぶ時間経っちゃってますけど。 展覧会各種(私の場合は写真展が中心ですが)、私は大抵、一切予習しないで観に行きます。 別に高尚な理由があるわけじゃなくて、単に事前にリサーチするのがめんどくさいだけなんだけど(苦笑)、でも、予備知識なしだから楽しめる楽しみ方っていうのもあるんじゃないかなーとなんとなく思っています。 で、杉本博司。 感想は人それぞれだと思うし、好き嫌いも分かれると思う... [続きを読む]

受信: 2005年12月 8日 (木) 10時41分

» 杉本博司「時間の終わり」 [napoさんの那須的生活]
前から行きたいと思っていたが、なかなかやりくりがつかなかった杉本博司展にようやく行けた。六本木ヒルズ、森タワー最上階の美術館で開催中のこの展覧会、アートに興味があるなら必 [続きを読む]

受信: 2005年12月18日 (日) 11時05分

» 杉本博司展 時間の終わり [日々これケセラセラ]
杉本博司展 あまりに、評判が良いので、終了前日に行って来ました。 説明的だったり、イベント的であったり、妙に楽天的だったり・・・・・ そんな事では無く、根源的なアートを探求した姿を、感じさせてくれる。 プリミティブで、根源的で、感情をズンと揺さぶるアート。 想像だけれど、語弊を恐れず言えば、杉本さんには純度の高いアーティスト としての資質以外にも、キュレイター的というか、構築的な資質もあるのだと思う。 写真を個別に一枚一枚見てもそこには、ミニマルアートとも言える姿が ... [続きを読む]

受信: 2006年1月10日 (火) 17時49分

» 杉本博司 「時間の終わり」展 [SAVE WATER ! DRINK BEER !]
期待していたものからは裏切られたが、久々に楽しいものを見た。 出口にある売店では、ロラン・バルトやボードリヤールなど、久々にみる思想家の名前の本が売られてたりして・・。 杉本博司 「時間の終わり」展を六本木森タワーの森美術館で。 建築写真家かなぁみた....... [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 23時07分

» 建築家、吉村さん夫妻とキムチ鍋&酒諸々パーティでした [あさぴーのおいしい独り言]
過日、友人である建築家の吉村さん(妹島事務所で「金沢21世紀美術館」を担当)の家 [続きを読む]

受信: 2006年1月26日 (木) 20時00分

« だから、それはミスじゃないって | トップページ | 「チャーリーとチョコレート工場」 »