« 「シン・シティ」:三連発でお腹いっぱい | トップページ | 「暗く聖なる夜 上・下」(マイクル・コナリー):感動するもラストで、なんだかなあ »

2005年11月 9日 (水)

「三原順」を久々に見たと思ったら

ネット上で「三原順」の文字を久し振りに目にした! なんだ珍しいな、と思ってよくよく読んでみると盗作騒動のニュースであった……。

漫画と類似表現、小説絶版に

飛鳥部勝則という人は『殉教カテリナ車輪』を書いた人なのね。
まとめサイトを見てみると、ムムム、ここまでやるかというぐらいにセリフをそのまま使用している。

しばらく前に漫画家同士の間での盗作騒ぎがあってネットでも激しく炎上していたが、それに比べると2ちゃんねるの関連スレッドでもあんまりレスが付いていない。三原順が故人であるということと、往年の少女マンガでもマイナーな部類に入る(それでも下手な小説より遥かに部数出ているはずだが)からだろうか? ちと寂しい(x_x)

この関連で某TV局のシナリオ大賞を取った作品が、映画の『息子のまなざし』をそのまま頂いているという疑惑があるのを知った。三原順にしろこの映画にしろメジャーとは言いがたいが、非常に評価の高い作品である。(『息子のまなざし』は単館ロードショー公開だったがカンヌで受賞) バレなさそうで、却ってバレやすいような気もするのだが……。

もっとも、テレビドラマではパクリは珍しいことではない。大昔、子供の頃連続の時代劇を見ていて、中でミステリ仕立てであっと驚くようなドンデン返しのある回があった。一緒に見ていた兄も「すごいすごい」と感心していたのだが、とある米国映画を丸々パクったものだったというのを、何年も後でその元ネタの映画を見て初めて知ったのであった。

|

« 「シン・シティ」:三連発でお腹いっぱい | トップページ | 「暗く聖なる夜 上・下」(マイクル・コナリー):感動するもラストで、なんだかなあ »

コメント

 あ、早い! ちゃんとウラとりもしてくれてる! 
私は11月8日の新聞の夕刊の小さな記事で知りました。
リンクしてくれてた「まとめサイト」をみたら、しばらく読んでないのにはみだしっ子のセリフのシーンが目に浮かんできます。私もと〜っても好きなんです。コミックス版で全部持ってるぞ!
飛鳥部勝則ってぜんぜん知りませんでした。1964年生まれっていうから、モロ10代に三原順さんの影響を受けたんじゃないでしょうか。
別に影響は受けてもいいけど、プロの作家として「このラインは踏み越えちゃいけない」という自覚がないんでしょうか。
「黙ってたらわかんない」というのは、尊敬する作家の方に失礼な気がするのですが…… (盗用する作家とされる作家の関係って、熱烈大好きって関係じゃないのかしら?)

投稿: しの | 2005年11月 9日 (水) 21時06分

しのさん、どうも~。
件の作家は新本格系の人らしいです。2chでも年齢的に三原順世代だっていうのは、話題に出てましたね。
設定やストーリーがウッカリ似てしまうというのはあるでしょうが、セリフがああも使われていては言い訳できません。よほど切羽詰まっていたのか、いい加減なのか。

|盗用する作家とされる作家の関係って、熱烈大好きって関係じゃないのかしら?

それは音楽なんかでもよく問題になることですな。愛情あふるるオマージュなのか、単なる盗用なのか、一見では分かりません。

三原順の話題ももうこんな事でしか出て来ないんでしょうかね。(泣)

投稿: さわやか革命 | 2005年11月11日 (金) 06時11分

盗作騒ぎでもなんでもいいから、三原先生が話題になって欲しい。グレアムグレアムハァハァハァ…。

投稿: goldius | 2007年6月25日 (月) 11時49分

同世代のマンガ家が健在でいても今や話題になることはほとんどない、という状況の中、お亡くなりになっているのではさらに話題になりそうにありません。
無念であります(号泣)

投稿: さわやか革命 | 2007年6月25日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/6987407

この記事へのトラックバック一覧です: 「三原順」を久々に見たと思ったら:

» 「X Day.」 三原順  [目次が日本一のブログ(自称w挑戦者求む)]
アデール「だからって… それじゃ他にどうしろって言うの? ???????????????? 教会に通えなんてのは真っ平よ! ???????????????? 私信じてないもの、神様も…教説も! ???????????????? 永遠不変で同時に真であるなんて言うものなんか!! ???????????????? 通ってい... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 11時45分

« 「シン・シティ」:三連発でお腹いっぱい | トップページ | 「暗く聖なる夜 上・下」(マイクル・コナリー):感動するもラストで、なんだかなあ »