« 「永遠なる薔薇」:枯れゆく花の感触 | トップページ | 「日本インターネット映画大賞・外国映画部門」に投票する »

2006年1月16日 (月)

東京都にケンカを売る

既に新聞などで報道されていてご存じだろうが、国分寺市が上野千鶴子を講師に呼ぼうとした所、都の教育庁が横やりを入れて来たという事件があった。事件自体は昨年の8月だが、その後に中止の経緯などが明らかになって来て、先日記事になったらしい。

で、ついに上野千鶴子が東京都に対して公開質問状を出したそうな。内容が以下に紹介されている。

「成城トランスカレッジ!」より
上野千鶴子さんの公開質問状
こちらは事件と報道の問題点について
ジェンダーフリーバッシングはいつ頃はじまったのか ――そしていつ終わるのか。

これはまさに上野千鶴子が都にケンカを売る……というよりは売られたケンカを買ったという事か。いずれにしろ成り行きが気になる。
それにしても他の日のエントリもひどい件が紹介されている。ネタは尽きまじ、ですな。

|

« 「永遠なる薔薇」:枯れゆく花の感触 | トップページ | 「日本インターネット映画大賞・外国映画部門」に投票する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/8195702

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都にケンカを売る:

« 「永遠なる薔薇」:枯れゆく花の感触 | トップページ | 「日本インターネット映画大賞・外国映画部門」に投票する »