« 「ロード・オブ・ウォー」:一家に一挺、戦争も自己責任で民営化です | トップページ | 「ヘラクレスの選択」:女神様がたに思わず平伏 »

2006年1月28日 (土)

「ある子供」関連リンク追加しました

以前にも選挙関係ネタで引用したことのある荒木國臣先生のHPから、今度は『L'Enfant(ある子供)』の感想をリンクした。
個々の評にはリンクできないので1月12日付けのところを見て下せえ。

 

成熟した先進国でのアイデンテイテイ形成の回路が壊されてしまい、自立の契機を剥奪されて小児的な欲望のままにあてどもなく生きている若者の姿は、そのまま現代日本のものである。

うむうむ、正しくこれが私も感じたことだった。
他の映画の感想も出ているが、『スタンダップ』はこれから見に行く予定(早く行かないと打ちきりになってしまう)。一方、『真夜中のピアニスト』の評価は私とは正反対ですねー(^^;

ただ、こちらのHPは幅いっぱいに字が詰まっていて読みにくいのが難。読んでいるうちに別の行に目が移ってたりして訳分かんない状態に(@_@)

|

« 「ロード・オブ・ウォー」:一家に一挺、戦争も自己責任で民営化です | トップページ | 「ヘラクレスの選択」:女神様がたに思わず平伏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/8380074

この記事へのトラックバック一覧です: 「ある子供」関連リンク追加しました:

« 「ロード・オブ・ウォー」:一家に一挺、戦争も自己責任で民営化です | トップページ | 「ヘラクレスの選択」:女神様がたに思わず平伏 »