« バッハ・コレギウム・ジャパン第71回定期演奏会 | トップページ | ガエタノ・ナジッロ バロックチェロ・リサイタル:やっぱり古典派は苦手じゃー »

2006年3月 9日 (木)

「古歌 イタリア」:簡素な歌の世界に感動

ダヴィンチの時代からモンテヴェルディへ
演奏:波多野睦美、つのだたかし
会場:ハクジュホール
2006年2月24日

つのだたかしがプロデュースする古楽演奏会シリーズの第1回だそう。これから色んな歌手と組んでハクジュホールでやるらしい。
で、最初は長年組んで来た波多野睦美と手始め、ということか。

プログラムは時代順に構成、中世からルネサンス、休憩が入って後半はバロックの歌曲へと続く。つのだたかしは前半はリュートで、後半テオルボに持ち替えていた。

作曲家はジョスカン・デ・プレやモンテヴェルディは有名だが、ランディーニ、トロンボンチーノ、フレスコバルディあたりはまだしも、アンブロジオ・ダルツァとかバルバラ・ストロッツィなんて聞いたことありません(^^?)--てな人まで登場。

波多野さんの声はハクジュホール全体にビンビンと響き渡り、会場を支配したのであった。独りでも十人分ぐらいの迫力あり。さすがです
彼女の訳した歌詞の抄訳がパンフに載っていて、これもよかった。

時代順に通して聴いてみると、やはり私はこういう独唱曲では中世・ルネサンスの方に惹かれるなあ、とつくづく感じた。歌としてはバロックの方が劇的なんだけどさ。

近くに口の中で変な音を立てる中年男性がいて参った。音楽の方が静かだからそんな音でもよーく響いてくるんだよね。( -o-) sigh...

|

« バッハ・コレギウム・ジャパン第71回定期演奏会 | トップページ | ガエタノ・ナジッロ バロックチェロ・リサイタル:やっぱり古典派は苦手じゃー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/9011311

この記事へのトラックバック一覧です: 「古歌 イタリア」:簡素な歌の世界に感動:

» 波多野睦美+つのだたかし「古歌イタリア」(2006/02/24@ハクジュホール) [ongei :: blog]
ひさしぶりのハクジュホール、それも最前列のど真ん中で音のシャワーを浴びてきました [続きを読む]

受信: 2006年3月12日 (日) 21時37分

« バッハ・コレギウム・ジャパン第71回定期演奏会 | トップページ | ガエタノ・ナジッロ バロックチェロ・リサイタル:やっぱり古典派は苦手じゃー »