« 「夜よ、こんにちは」:感動はすれどもベタ過ぎでは? | トップページ | 「ダ・ヴィンチ・コード」:ウンチクとトンデモは紙一重 »

2006年7月15日 (土)

トーキングヘッズ叢書 no.27 特集「奴隷の詩学」出ました!

毎度お世話になっとります「トーキングヘッズ叢書 no.27」が出ました。今回の特集はなんと「奴隷の詩学 マゾヒズムからメイド喫茶まで……しもべになることの悦楽」であります。
「しもべ」になりたい方、「しもべ」が欲しい方、共に必読であります。詳細はこちらをどうぞ。
通勤電車の中では絶対読めない内容なのでご注意下さい(^O^)

残念ながら今回は(今回も?)忙しくてどーにも時間が取れず、特集には参加できませんでした。代わりにこのブログのM・ハネケ映画祭と『隠された記憶』の記事に加筆・訂正、さらに『ピアニスト』の感想も付け加えて載せてもらいましたが、これがまた長くなってしまいました。締め切り間際に長い原稿を出してしまって毎度のことながら編集部にご迷惑をかけてしまったです。_(_^_)_ヒラアヤマリ
それにしても改めて観た『ピアニスト』はやっぱり不快でイヤミで素晴らしい(火暴)


ぜひとも皆様、一部は自宅保存用、もう一部はお友達にプレゼント用に二冊お買い求め下さいますよう。さらに、編集部に「素晴らしい」「感動したっ!」などのヨイショのお便りを出して頂けるとサイコーです。

|

« 「夜よ、こんにちは」:感動はすれどもベタ過ぎでは? | トップページ | 「ダ・ヴィンチ・コード」:ウンチクとトンデモは紙一重 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/10948455

この記事へのトラックバック一覧です: トーキングヘッズ叢書 no.27 特集「奴隷の詩学」出ました! :

» メイド喫茶とNANAとマゾ [「秋葉原」外神田7丁目のキセキ]
 『もえたん3(AA)』が近くの書店にはまだ入荷したいなかった代わりに『奴隷の詩学〜マゾヒズムからメイド喫茶まで(AA)』という怪しげな叢書を見つけたので、購入してみました。耽美を中心とした美術評論系のサブカル本のようです。... [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 21時11分

« 「夜よ、こんにちは」:感動はすれどもベタ過ぎでは? | トップページ | 「ダ・ヴィンチ・コード」:ウンチクとトンデモは紙一重 »