« 「ポジティフオルガンの魅力」:なりは小さくとも音楽性に変わりなし | トップページ | ひょんな所で森脇真末味の絵を見かけた話 »

2006年7月23日 (日)

本のない図書館を、図書館と言えるかっつーの!(怒)

「kmizusawaの日記」経由で「福島・矢祭町:新設図書館の本、寄贈呼び掛け」を知る。

「図書館」なる建物は用意したが、肝心の本がない……って、典型的ハコモノ行政ぢゃありませんか。建物建てただけで図書館作った気になってるのはどーいうことよ。
図書館の成立要件は一に資料、二に人(職員)で、建物は一番最後でしょう。
で、この寄贈を求めるというのがあたかも美談のように報道されてるのも気に入らねえ~。それからついでに「約3万6000冊分のスペース」って少なくないか? まあ、本買わなければ増えないからいいか(^○^)

これが日本の平均的な図書館についての認識ってことですかねえ( -o-) sigh...

【追記】
新たに以下の記事を追加しました。
《本のない図書館その後》

|

« 「ポジティフオルガンの魅力」:なりは小さくとも音楽性に変わりなし | トップページ | ひょんな所で森脇真末味の絵を見かけた話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/11067044

この記事へのトラックバック一覧です: 本のない図書館を、図書館と言えるかっつーの!(怒):

« 「ポジティフオルガンの魅力」:なりは小さくとも音楽性に変わりなし | トップページ | ひょんな所で森脇真末味の絵を見かけた話 »