« 「13歳の夏に僕は生まれた」:この世界にもはや隠れる場所はない | トップページ | 「ポジティフオルガンの魅力」:なりは小さくとも音楽性に変わりなし »

2006年7月22日 (土)

「ザ・ニュースペーパー パート69:笑いは人を救えるか?!」

会場:本多劇場
2006年7月4日~9日

政治ネタお笑いコント集団ザ・ニュースペーパーの定期公演。今回で(多分)松下アキラ扮する偽コイズミも見納めになる--ためかどうかは知らないが、補助席やら階段座り見まで出る満員ぶり。
それにしても偽コイズミは本当にクリソツ過ぎ。明日入れ替わっても誰も気がつかないほどです \(^o^)/
是非、続投を~ (-人-)タノム
あ、いや、本物の方はもう結構ですけどね。

私が観た回のゲストは精神科医だったが、テーマの「うつ病と笑い」のはずがうつ病の話だけで終わっていたのはどーしたもんか?

他には「客が入らなくなったテーマパーク」ネタなど面白かったです。

|

« 「13歳の夏に僕は生まれた」:この世界にもはや隠れる場所はない | トップページ | 「ポジティフオルガンの魅力」:なりは小さくとも音楽性に変わりなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/11060733

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・ニュースペーパー パート69:笑いは人を救えるか?!」:

« 「13歳の夏に僕は生まれた」:この世界にもはや隠れる場所はない | トップページ | 「ポジティフオルガンの魅力」:なりは小さくとも音楽性に変わりなし »