« 「ローズ・イン・タイドランド」:妄想する少女はお好き? | トップページ | 「ポップアート 1960's→2000's」:そして最後に「神」が降臨 »

2006年8月21日 (月)

あのマンガのアニメ化作品の予告を見た!

『ローズ・イン・タイドランド』の前に上映された予告で恐ろしいものを見てしまった。あの、ますむらひろしのマンガをアニメ化した『アタゴオルは猫の森』だ。原作は昔のサンコミックス時代からずーっと買っている。チラシは前から入手してたのだが、実際に映像を見てみるとなんと3D-CGアニメという事で、ヒデヨシの黄色の毛がフサフサと波打ち、さらにあのお腹がタプンタプンと揺れ動くのであった!

正直言って、ちょっとブキミ光線が発射されているのを感じる。な、なんだか一挙に見たい気が萎えましたですよ(>_<)
一方でテンプラなど人間勢は人形みたいなイメージでまた萎える。ギルバルスももっとカッコよくなくちゃ嫌だ~(単なるワガママ)。
でも、猫の目時計が何と言って時報を鳴くのか聴いてみたい気はするが……(考慮中)。

本棚から古い『アタゴオル物語』を引っ張り出してみた。たまたま開いたページで、ヒデヨシがテンプラにセミを取ってもらったお礼に「オレごちそうするわ」と言う場面が出てくるのでビックリした。現在のヒデヨシだったらゼ~ッタイ(^_^メ)にそんなこと言わないだろう。
今や物欲において、唯一『エロイカ』のジェイムズ君を凌駕する存在がヒデヨシなのである(^O^;

|

« 「ローズ・イン・タイドランド」:妄想する少女はお好き? | トップページ | 「ポップアート 1960's→2000's」:そして最後に「神」が降臨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/11545756

この記事へのトラックバック一覧です: あのマンガのアニメ化作品の予告を見た!:

« 「ローズ・イン・タイドランド」:妄想する少女はお好き? | トップページ | 「ポップアート 1960's→2000's」:そして最後に「神」が降臨 »