« 「光の魔術師インゴ・マウラー展」:なんびとも光を直視する事はできない | トップページ | 「ゲド戦記」:タダ券で見れば腹も立たない--はずだったが »

2006年8月14日 (月)

今から注目!気になる映画二本のウワサ

「allcinema ONLINE」のヘッドラインニュース欄に『プリズナーNO.6』映画化(8/11付け)とP・K・ディックの伝記映画(8/10付け)の話が掲載されている。

『プリズナーNO.6』はカルトTVドラマ・シリーズとして知る人ぞ知る--でも当時のSFファンならみんな知っている怪作だが、監督が『バットマン・ビギンズ』のC・ノーランということで、私的にはかなり期待大である。
ただ、やっぱり連続ドラマという特性を生かした話だったんで、映画というメディアでうまく行くだろうか心配。加えて主演&製作のパトリック・マッグーハンの強烈な個性なくして成り立つのかも大いに不安である。まさか、もうご当人は出ないだろ……(?_?)

ディックの伝記は監督がテリー・ギリアムということで大いに話題になりそう。「彼の絶筆となった作品の内容を織り交ぜながら描いていくものになるとのこと」というのも面白そうだ。(この手法自体は珍しくはないが)

|

« 「光の魔術師インゴ・マウラー展」:なんびとも光を直視する事はできない | トップページ | 「ゲド戦記」:タダ券で見れば腹も立たない--はずだったが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/11438127

この記事へのトラックバック一覧です: 今から注目!気になる映画二本のウワサ:

« 「光の魔術師インゴ・マウラー展」:なんびとも光を直視する事はできない | トップページ | 「ゲド戦記」:タダ券で見れば腹も立たない--はずだったが »