« バッハ・コレギウム・ジャパン第79回定期演奏会:殿のオーボエめでたく | トップページ | 「マーティン・ヘイズ&デニス・カヒル フィドル&ギター・デュオ」:チラシに釣られてジグ&リール »

2008年2月17日 (日)

「アメリカン・ギャングスター」:この映画の教訓は

080217
監督:リドリー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ
米国2007年

実在のアフリカ系麻薬王と、正義感が強過ぎてはみ出し者となった刑事の闘いを描いた話題作。人気もある演技派の役者二人に監督の名前だけでも、十分評判になる素地はある。
主人公のフランクはいつもスーツにネクタイ姿、きちんとした物腰、ビジネスの才あり、儲けた金はマジメに地元に還元--しかし、問題なのは彼が扱っているのはドラッグだということだ。
一方、刑事のリッチーはよれたジーパンを愛用、女関係にだらしなく離婚調停中、ただしワイロは絶対受け取らねーよ--と対照的なのであった。

この二人の私生活の描写をまじえつつ、密かな対決まで持っていく。その長丁場を飽きさせず見せる手腕は見事なもんである。また、当時の町並みやファッションなどの再現も目を引く。
脇役(特に悪徳警官のジョシュ・ブローリンとマフィアの親分アーマンド・アサンテ)もいい。ただ、妻となるミス・プエルトリコがそんなに美しく見えない(というか、魅力がない)のが問題だー。

しかし、観ている間の重量感にも関らず、なぜか見終ってしまえばアッサリ何も残らず、というのはハテどういう事じゃろか(?_?)
面白かったけど、感心はせず。リドリー・スコットまたやってくれちゃいましたな……という所か。
でも、向こうののアフリカ系の若いモン(と一部の日本の若いモン)はフランクの事を「クール」だと憧れちゃうんでしょうなあ( -o-) sigh...

不満に思うのは、やっぱり二人とも結局は「いい人」に描かれていること。最近のハリウッド映画の弱点がまたもや出た~ッ。
『フレンチ・コネクション』(ロイ・シャイダーのご冥福をお祈りします(-人-))とか『ヒート』が引き合いに出されるが、善と悪の捉え方が全く違う。あと、近作では『エレクション』の礼儀正しい組長が似ているが、あちらみたいに「君子豹変してコワイよーん」というような面もない。

ラスト・クレジットの後に一瞬出てくる場面は??「復讐した」ってことか。意味不明である。
で、結論は「ファッション・センスのよい奥さんを貰いましょう」という教訓でよろしいかな、皆の衆。


主観点:6点
客観点:7点

【関連リンク】
《ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY》
映画の裏話が色々出てきます。問題の場面も……。

《元・副会長のCinema Days》
辛口評ですが、その分析には納得です。

|

« バッハ・コレギウム・ジャパン第79回定期演奏会:殿のオーボエめでたく | トップページ | 「マーティン・ヘイズ&デニス・カヒル フィドル&ギター・デュオ」:チラシに釣られてジグ&リール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/40154206

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリカン・ギャングスター」:この映画の教訓は:

» アメリカン・ギャングスター [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『けもの道を行く実在の男たちの、容赦なき闘いの人生!』  コチラの「アメリカン・ギャングスター」は、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ主演、リドリー・スコット監督の2/1公開となったR-15指定のノンフィクション・クライム・ムービーなのですが、早速観て来...... [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 20時00分

» アメリカン・ギャングスター [things4u]
☆FC2ブログランキング☆  ☆人気blogランキング☆ ↑今日も1クリックで応援ありがとう〜☆↑ 今日の1本は「AMERICAN GANGSTER」(邦題:アメリカン・ギャングスター)から。 1970年代の初頭のニューヨークで、ハーレムを牛耳っているギャングのボスの運転手をしていたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)は、ボスの亡き後、東南アジアの麻薬を密輸する計画を決行する。時に横暴ともいえる強引なやり方で財力をつけたフランクは、マフィアにも一目置かれる麻薬王として街に君... [続きを読む]

受信: 2008年3月 5日 (水) 13時31分

» アメリカン・ギャングスター★リドリー・スコット監督作品 [銅版画制作の日々]
 ラッセル・クロウデンゼル・ワシントン 2月12日、東宝シネマズ二条にて鑑賞濃いお二人が熱く共演?結構面白い作品でしたね。 暗黒街のカリスマ、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)と正義をつらぬく刑事、リッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)の闘い監督はあのリドリー・スコット監督です。何と現在70歳だそうで・・・・。こんなパワフル作品を手がけられるとは監督自身もきっと凄い力の持ち主なんでしょうね。  マーティン・スコセッシュ監督のような模倣映画... [続きを読む]

受信: 2008年3月 8日 (土) 11時54分

« バッハ・コレギウム・ジャパン第79回定期演奏会:殿のオーボエめでたく | トップページ | 「マーティン・ヘイズ&デニス・カヒル フィドル&ギター・デュオ」:チラシに釣られてジグ&リール »