« 「見送りの後で」:号泣のあまり枠線も見えず | トップページ | バッハ「ヨハネ受難曲」:額に汗して聴く »

2008年2月28日 (木)

タブラトゥーラ「新しい自転車」:ハクジュホール燃ゆ

080228
会場:ハクジュホール
2008年2月22日

既に結成二十数年にもなる踊る古楽バンド・タブラトゥーラの新アルバム記念コンサートである。
ということで、私も張り切ってチケット申し込みしたら、なんと!かぶりつきの席になってしまったじゃにゃあですか……(;^_^A アセアセ
でもまあ、かぶりつきだとこれまでなかなか分からなかった部分も色々と分かって面白いですなあ--皆さんが履いている靴下の色(しかも派手)がそれぞれ違うとか、つのだたかし団長の使用する滑り止めの布(ひざの上に置く)はどんなもんかとか。どうでもいいことばかりですけど、ハイ。

新アルバム記念とはいえほとんどの曲は既にライブでやっているものばかりだが、前半でさらに最新のできたての曲のご披露があった。「ファイアマン」という江崎浩司が作曲したもの。蒸気機関車のかまどに石炭をくべる男の事だそうである。
曲が始まってつのだたかしが汽笛を表わす奇声をあげたかと思うと、田崎瑞博はフィドルで江崎氏はやはりリコーダーでSLの音を真似して騒がしい。
さらに続く「ごわごわ」では客にコーラスをつけるように暗に強制。団長は張り切り過ぎてラウタ(リュート系の楽器)のピックを弾いてる途中で落としてしまい、口三味線ならぬ「口ラウタ」でその場をしのぐという珍事態となった。おまけに田崎氏の弓の一部が切れちゃったりして--きっと熱演のたまものよ。これもかぶりつきだからこそ、よく観察できたのであ~る。

後半開始早々にはウードを倒してしまうというアクシデントもあった。その後にゲストの波多野さんが登場。4曲やったが、「梢の小鳥」や「オード」はCDよりもさらに情感豊かに迫力ある歌い方だった。
その後はドトーの終盤に突入。「チャンバラ」では江崎・田崎コンビがリコーダーとフィドルを振り回して斬り合いしたり(レッド・プリーストの影響か)、寝っ転がって演奏したり(ジミヘン風)ともう大暴れ状態である。

ラストの「ラセルカーダ」になると、例の如くつのだ団長はカスタネットを両手に踊り始めたが、ついに寄る年波には勝てずということか、途中で息が上がってしまったらしく踊りが止まってしまった。プログラムに「元気な長老を装っているが、実はかなり息があがっている」と書いてある通りだった。

アンコールではもはやお上品なハクジュホールの客席は熱狂のるつぼと化し、ステージ上にのぼって踊る者多数。恐るべき熱気で気温も急上昇となった。私はさすがに踊るわけには行かず……でも、波多野さんと一緒に踊ったり握手してもらったりしてたヤツがいたなあ。ウラヤマシィ~ッ(>O<)(指をくわえて眺める)

というように大いに燃えたライブであったが、問題が一つ。それはディミトリー・バディアロフのコンサートと 同 じ 日 に 重 な っ て い た ことだ。なんで、一年365日--じゃなくて今年は366日もあるというのに、よりによってこの二つを同じ日にやるかね。責任者出てこ~い(*`ε´*)ノ☆
おまけに鍵盤は大塚氏だったのにさ--でも、仕方なくバディ様の方をあきらめたのであった。泣いちゃったよ。
え、なに?タブラとバディ様双方を聴くヤツなんて他にいないって? そんなことねーぞangry

【関連リンク】
《ongei :: blog》より「マーティン・ヘイズ&デニス・カヒル、野田暉行、タブラトゥーラの日々」
ビウエラ担当の静かな山崎まさしが玖保キリコの『いまどきのこども』のツグムくんに似ている、というのには爆笑してしまった。た、確かに……(^^;) でも彼はヘビメタじゃなくてパンク小僧だったはず。この二つを間違えると血を見ます。

|

« 「見送りの後で」:号泣のあまり枠線も見えず | トップページ | バッハ「ヨハネ受難曲」:額に汗して聴く »

コメント

はじめまして。本日、クラシック関係のブログを探していたところ、普段からひねくれものと呼ばれているこのわたし(笑)、貴殿のブログ名に共感を覚え(笑)ふと立ち寄らせていただいた次第です。なかなか楽しいブログですね。ところで、「聴かずに死ねるか・・・」で紹介されている、細野さんは“晴臣”ですが・・・変換間違いとは思いましたが、サイドバーにあるため目についたもので。余計なお世話ご容赦のほど。

投稿: のるぶ | 2008年3月 1日 (土) 07時46分

|細野さんは“晴臣”ですが

ウギャー( ̄□ ̄;)!!全く気づきませんでした!
みんな日本語変換が悪いんですう。(←責任転嫁を試みる)
ご指摘ありがとうございます。また何かありましたらよろしくお願いします。m(_ _)mペコペコ

投稿: さわやか革命 | 2008年3月 1日 (土) 10時25分

かような変換ミスなど当方は日常茶飯事です。あまりお気になさらぬよう。
先ほどはURLを入れていませんでしたので少々気が引けておりましたが、これもなにかのご縁(?)と勝手に思い、入力させていただきました。こちらこそよろしくお願いします。

投稿: のるぶ | 2008年3月 1日 (土) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/40297398

この記事へのトラックバック一覧です: タブラトゥーラ「新しい自転車」:ハクジュホール燃ゆ:

« 「見送りの後で」:号泣のあまり枠線も見えず | トップページ | バッハ「ヨハネ受難曲」:額に汗して聴く »