« 「ヒトラーの贋札」:収容所の中の中 | トップページ | 「見送りの後で」:号泣のあまり枠線も見えず »

2008年2月23日 (土)

「団塊ボーイズ」:ハリウッドの底×を見た!

080223
監督:ウォルト・ベッカー
出演:ジョン・トラヴォルタ、ティム・アレン、マーティン・ローレンス、ウィリアム・H・メイシー
米国2007年

メタボリック症候群が最近とみに気になる四人の中年男--邦題は「団塊」になっているが、実際にはもっと下の40代(まだ小学生の子どもがいる)--が仕事や家庭でうまく行かない憂さ晴らしにバイクでアメリカ横断の珍道中へ出るという話。
予告や紹介番組でもバカバカしくて面白そうだったんで、急きょ見に行ってみた。

が、「中年男たちがバイク旅に出る」……本当にそれだけだった。それ以外のものは何もなかったのである!
そして、面白い場面は全て予告でやってしまっていた(!o!) なんてこったい。
最後に登場する「あの人」だけがウリですかい。オーマイガ~~ッshock

ギャグはヌルい下ネタが多いし、今ひとつテンポは非快調。ドラマ部分も人物の葛藤もほとんど大したもんはなし。懐かしのロック曲が使われているが、単に使われているだけのこと。題材は中年オヤヂ向けだが内容水準的にはお子様からご覧になれます、というようだ。

正月にDVDで『ナイト・ミュージアム』を観た時にも思ったのだが、近年のハリウッド製娯楽映画の水準低下をヒシと感じさせるものだった。ハリウッドの底を見せつけられたぜいっ!

ただ、レイ・リオッタの悪役バイカーの親玉は迫力充分でコワかった。問題はこんなおバカ映画で観客ビビらせてどうするんだってことだが。
唯一、メタボ症候群に関係ない体型のウィリアム・H・メイシーはヲタクの独身エンジニア役で笑わせてくれる。なぜか、彼のみが裸の尻を見せるのだが--他の奴はどーしたと問い詰めたいところだ。彼のファンなら見に行っても損はしないだろう。

エンド・クレジットの背後でやっていた「家をプレゼント」とかいうのは実際のTV番組のパロディなんだろうか?

映画館は最近できたバルト9で単館上映状態で、初めて行ってみた。新宿のマルイの上階にあるシネコンだが、こぎれいでアベック(死語)で満員。まあ、単館作品の時以外は縁がなさそうだ。


主観点:4点
客観点:5点

|

« 「ヒトラーの贋札」:収容所の中の中 | トップページ | 「見送りの後で」:号泣のあまり枠線も見えず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/40230018

この記事へのトラックバック一覧です: 「団塊ボーイズ」:ハリウッドの底×を見た!:

» 団塊ボーイズ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『人生は一度きり。 泣いて、笑って、 ジタバタしようぜ。』  コチラの「団塊ボーイズ」は、中年男4人がバイクで旅するドタバタ・コメディで、以前書きましたように本当にヒドイ邦題のままついに2/9公開となってしまったのですが、まぁ邦題と映画の出来とは関係ない....... [続きを読む]

受信: 2008年2月23日 (土) 19時36分

» 『団塊ボーイズ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「団塊ボーイズ」□監督 ウォルト・ベッカー □脚本 ブラッド・コープランド □キャスト ジョン・トラボルタ、ティム・アレン、マーティン・ローレンス、ウィリアム・H・メイシー、マリサ・トメイ、レイ・リオッタ、ジル・ヘネシー、ケヴィン・デュランド ■鑑賞日 2月25日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> いやはやこの中年オヤジたち4人はなにするねん(笑) それぞれに現実逃避をする理由が4人を突き動かす。 ... [続きを読む]

受信: 2008年3月 5日 (水) 12時42分

» 団塊ボーイズ [PLANET OF THE BLUE]
いわゆる団塊の世代とは、世代違いすぎる。 中年親父4人組が、それぞれ失ったもの、持っていないものを ツーリングしながら得ていく ってストーリー。 下ネタ中心のありがちコメディ。 結構笑いました^^ ただ、内容なしなので、 この手の映画で笑えない人は、 見ても何も得られないかと。 あ、バイクがかっこいいのでいいとこはそれくらいかな。 ティム・アレンとレイ・リオッタを久々に見ました。 レイ・リオッタって元阪神の伊良部投手に似てますよね^^ ... [続きを読む]

受信: 2008年3月 5日 (水) 15時43分

« 「ヒトラーの贋札」:収容所の中の中 | トップページ | 「見送りの後で」:号泣のあまり枠線も見えず »