« 迂闊であった | トップページ | 「アメリカを売った男」:ベテラン二人に挟まれちゃ若いモンもキビシイのう »

2008年3月30日 (日)

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」:華麗なる総集編

080330
監督:クリス・ワイツ
出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ、ニコール・キッドマン
アメリカ2007年

原作の三部作は刊行当時、リアルタイムで読んでいた。それがある意味、祟ったわけだが……。

適材適所、というかキャスティングは全くピッタリ。ニコール・キッドマンのコールター夫人は超はまり役、出番は少ないけどダニエル・クレイグのアスリエル卿も良し、サム・エリオットのリー・スコーズビーは一番カッコエかった。魔女のセラフィナ役のエヴァ・グリーンもピッタシはまっていた。
それから驚異の子役、ヒロインのライラ役ダコタちゃん。末恐ろしい新人--と言いたいところだが、子役は成長してから後が大変だからねえfoot ま、余計なお世話ですが。

さて、こうしたキャスティングでいかにも期待は高まった訳だが、実際見てみるとやはりあの分厚い長編をまとめるのは無理だったのか。どう見ても「総集編」としか思えなかった。
色んなキャラクターが次々登場するストーリーはCG全盛時代に向いているかと思ったんだけど、これだけたくさん出てくるともう各キャラクターが現れたかと思うともう次の場面へ転換 soon みたいな感じで、すぐに消えてしまうのであった。

おまけに、結末はこんなだったかなーと首をひねっていたら、やっぱり原作よりも前の所で終わりにしたらしい。
見せ場の終盤の戦いが、画面暗くてよく分からないのは何故? 年齢制限に引っかかるからハッキリ見せたくなかったからとか(?_?;

という訳で、全体としては様々なキャラクターが現れては消えて忙しくカシャカシャと展開する、まるで総集編のようだった。しかも「次回に続く」みたいに終わったんじゃどうしようもない。(米国などでの興収はあまり良くなかったのとのことで、ホントに続編ができるか不明)


さて、原作についてだが、第1部は面白く読んだ。しかし続きの2部・3部の展開がどうも気に入らなくて結局好きにはなれなかった。おまけに、刊行の間隔が長くって、次の巻が出た頃には前の話を忘れてしまったりとか(^^ゞ
それと、キリスト教の教義の根幹に関わる問題が後で出てくるのだが、信者ではない私にはどうにも難しくて理解しにくいものであった。

映画のライラについて「好きになれない」という感想をいくつか見かけたが、原作のライラなんてもっとイヤな娘っ子だぜいangry

さて、果たして続編は作られるのか。ストーリーよりそっちの方がドキドキするぞ。


主観点:6点
客観点:6点

【関連リンク】
《有閑マダムは何を観ているのか?》
この映画の欠点について的確な指摘あり。教会の抗議運動についてもふれられています。
うーむ、第1部はあまり大したことないんですよねえ。むしろ、後で明らかになるヒロインの「正体」こそが大問題となるわけで。ただ、作者が現実の教会を虚構に仮託して批判しているのは確かでしょう。

|

« 迂闊であった | トップページ | 「アメリカを売った男」:ベテラン二人に挟まれちゃ若いモンもキビシイのう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/40688189

この記事へのトラックバック一覧です: 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」:華麗なる総集編:

» ライラの冒険 黄金の羅針盤 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『その針は教えてくれる。』  コチラの「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は、1995年の発売以来世界的なベストセラー、そして数多くの受賞をしているフィリップ・プルマンの「ライラの冒険」シリーズの1作目となる「黄金の羅針盤」を「ロード・オブ・ザ・リング」のニュー....... [続きを読む]

受信: 2008年3月30日 (日) 15時44分

» 映画* ライラの冒険 黄金の羅針盤 ~教会の怒りを買う映画 [有閑マダムは何を観ているのか?]
「ダヴィンチ・コード」公開のころに騒然としたことを思い出しますねえ・・・(過去記事はコチラ )。 クリスマス前に上映スタートされたこの映画、カトリック教会が猛然と抗議をし、クリスチャンの方々はボイコット運動をしています。 うちの長女の学校の友達の中にも、... [続きを読む]

受信: 2008年3月31日 (月) 09時38分

» ライラの冒険♪黄金の羅針盤:THE GOLDEN COMPASS [銅版画制作の日々]
 世紀の大ベストセラーの映画化 3月10日、MOVX京都にて鑑賞。次々と児童文学が映画化されますね。この作品もそのひとつです。二コール・キッドマンとダニエル・クレイグが再び共演というところも、見どころなのですが・・・・。残念ながら、ダニエル・クレイグの出番は少なくてって感じでした。シリーズものなので、いたし方がないというところでしょうか続編でのダニエルの活躍に期待したいというところです。二コール・キッドマンはくまなく登場しています。そして今回は悪役です。相変わらず、お美しいお顔ですね。まるで人形の... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 01時27分

» ライラの冒険 黄金の羅針盤 [Matthewの映画日記?]
『ライラの冒険 黄金の羅針盤』を、観て来ました。 あらすじは、 ライラの生きる世界は、自分たちの住む世界とは似て非なるパラレルワールドである。ライラの生きる世界の人々は、自分の魂がダイモンと呼ばれる生き物となって守護霊のように、寄り添い生きている。ダイモンは自分の魂で繋がっているため、ダイモンを傷つければ、その持ち主も傷つく。 主人公のライラは、両親のいない孤児であるが、唯一の肉親である叔父のアスリエル卿により、オックスフォード大学の学寮に預けられ教育を受けているが、両親のいない寂しさからか... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 18時58分

« 迂闊であった | トップページ | 「アメリカを売った男」:ベテラン二人に挟まれちゃ若いモンもキビシイのう »