« 「佐藤亜紀子リュートリサイタル」:春の事故に泣く | トップページ | その後の「ノーカントリー」 »

2008年4月 7日 (月)

「ノーカントリー」:死神(の影)を見た男の話

080407
監督:ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン
米国2007年

先日のアカデミー賞では最多4部門を獲得、今期話題度第一位の作品が他の受賞作の先陣を切って登場。私が見て回っている映画系のブログでも鑑賞率が抜群に高い。
さて、私はコーエン兄弟の作品については第一作の『ブラッド・シンプル』が今イチだったんで、その後映画館では見ていなかった。『ファーゴ』をレンタル屋で借りたぐらいである。

で、結論から先に言うと、かなり気に入った~(^-^)/

冒頭のテキサスの原野の荒涼たる広がり--美しくはないけど、寂寥感がドーンと迫ってくる。シネコンでは大画面の部屋でやってくれてたんで(客は十数人ぐらいしかいなかったが)その映像を堪能できた。こればっかりはTVモニターなんかでは感じられないだろう。
その後の、金を盗んだ男が現場で見つかって逃走する件りも、深夜から徐々に早朝へと空が変化していく様相をとらえてお見事。

三分の二ぐらいまでは200万ドル持って逃走する男と殺し屋の追跡と死闘が詳細にこれでもかっpunch状態で描かれる。また、この殺し屋が几帳面かつ偏執的で不気味なヤツ。
さらにツーテンポぐらい遅れて二人を老保安官が追いかける。
ところが残り三分の一では、肝心なところの顛末がハッキリとは描写されない。誰が誰を殺したのか?とか、そもそも金は一体どうなったのか?--よく分からない。とんだ肩すかしだ。最後まで見て怒る奴がいても仕方ないくらいだろう。
そして、唐突なエンディングに至る。
もっとも、その「省略」が逆に緊張感とスピード感と、そして荒廃した暴力を感じさせる要素でもある。

しかし、それらのエピソードの冒頭と結末をくくっているのが老保安官の語りである以上、この物語の主人公は彼ということになるだろう(画面占有率は低いにしても)。
彼は捜査官としてプロファイラー的な面も持っていて、殺し屋と同じように牛乳を飲んで同じ椅子に座って、一度も会っていないにも関わらずその本質を見抜く。
恐ろしい暴力の連鎖に、昔はこうではなかったと彼は嘆くが、しかし1909年のやはり陰惨な事件の話が途中で語られるからには、その暴力性は連綿と過去から受け継がれてきたものに他ならない。

最後の彼の夢の話には色々な解釈があるだろうけど(観た観客の数だけ)、私は死への諦念だと解釈した。彼は死の尾の長い一端がかすめ去っていくのを目撃したのであろう。

それと同時に感じるは、金dollarの恐ろしさよ。冒頭、200万ドルの札束を見て男の人生は完全に狂い、終盤では500ドル札一枚によって少年は急にがめつく変貌する。まるで伝染病のようである。


他に特筆すべきなのは、音の使い方がコワイ(>ω<)ということ。あのボンベのスコーンという音やら、殺し屋の靴下だけで歩く音、さらには深夜のホテルにこだまする電話のベル……。

かように映像も音響もセリフも練り上げられていて、しかも中心人物を演じる3人の役者の演技は見事だし(ウディ・ハレルソンだけは高速で通過してったが(^^;)、その上に今日びの映画にしては珍しく不親切な描写が多くて、どれかの要素に気を取られてると別の方がお留守になって大事なことに気づかずに過ぎてしまう可能性が大。一瞬も気を抜けない。
ということで、見逃した部分をチェックするためにDVDが出たらまた見てみることにしよう。

ネット上の感想は賛否両論だが、ほめている人でもその解釈は千差万別。『パンズ・ラビリンス』ほどではないが、いかようにでも解釈が可能な作品なのだろう。
私が観ていた時にはカップルが数組いたが、金曜の夜のデート・ムービーとしては最悪じゃないの。二人とも映画ファンでない限り避けるべしよ。


主観点:8点(私の方の集中力が切れてたんで)
客観点:8点


【関連リンク」
《★YUKAの気ままな有閑日記★》
私も最後の夢の話をボーッと聞いてたんで焦りました。後で必死に思い出そうとしたりして。似たような人が結構いたんだと分かってホッとしちゃったぜい(;^_^A

《古今東西座》
いくつか殺し屋の似顔絵を描いていたブログがありましたが、ここのが一番雰囲気が似ていて笑えました。なんかボ~ヨ~としている所かな。

《ノラネコの呑んで観るシネマ》
当時の社会的背景が分かります。

《ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記》
保安官の夢の意味の解釈あり。完全ネタバレなので観賞後に見ましょう。

【追加】
《キネマ徒然草》
読むと、この映画に関するモヤモヤした感じの一端がハッキリしたような気になりました。私も9点をつけるところまでは行かず……。

|

« 「佐藤亜紀子リュートリサイタル」:春の事故に泣く | トップページ | その後の「ノーカントリー」 »

コメント

キネマ徒然草の管理人kojirestsです。先日はコメントとトラックバックありがとうございました。

こちらもトラックバックとコメント残しておきます。

又遊びに来てくださいね(^^)!私も遊びに来ます。。

投稿: kojirest | 2008年4月16日 (水) 00時42分

こちらこそ、わざわざおいで頂き、どうもです(^^)/
「フィクサー」も観賞後に読みに行かせてもらいます。

投稿: さわやか革命 | 2008年4月17日 (木) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/40807573

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノーカントリー」:死神(の影)を見た男の話:

» ノーカントリー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを感じ取りながらも金を持ち去った彼は、謎の殺し屋シガー(ハビエル・バルデム)に追われることになる。事態を察知した保安官ベル(トミー・リー・ジョーンズ)は、2人の行方を追い始めるが―     監... [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 23時22分

» 「ノーカントリー」 [古今東西座]
どうもコーエン兄弟の作品とは相性が悪い。『赤ちゃん泥棒』に始まって『未来は今』『バートン・フィンク』『ファーゴ』『ビッグ・リボウスキ』と結構観ているのだが、内容的なことではなく、何故かバイオリズムの悪い時にあたってしまっている気がしてならない。『未来は今』の時は風邪気味なのに無理して観てしまい、途中で具合が悪化して終わる頃には立派な病人になっていた。『ファーゴ』『ビッグ・リボウスキ』の時は、終盤でトイレが我慢できなくなり席を立った。観終わってみると内容よりもトイレを我慢したことの方が印象に残ってしま... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 02時37分

» ノーカントリー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『純粋な悪にのみこまれる』  コチラの「ノーカントリー」は、コーエン兄弟がメガホンをとった最新バイオレンス映画なのですが、いよいよ本日3/15公開となりましたので、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  ご存知のようにアカデミー賞で、作品賞、監督賞、助演男優賞、....... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 06時22分

» ノー・カントリー [eclipse的な独り言 ]
 割引も使わないで映画を観たのは何年ぶりでしょうか。アカデミー賞に敬意を表して、 [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 06時38分

» ノーカントリー・・・・・評価額1800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ハビエル・バルデムの変な髪形だけではない、超一級のクライムサスペンス。 監督デビュー作の「ブラッド・シンプル」以来コーエン兄弟が拘っ... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 23時58分

» コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観た! [とんとん・にっき]
渋谷の渋東シネタワーで、コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観ました。といっても、コーエン兄弟とは誰のこと?まあ、知らないことはたくさんあるので、別に驚きませんが。実は知人のブログで、彼がこの映画を観たということを知って、渋東シネタワーであれば駅から繋... [続きを読む]

受信: 2008年4月 9日 (水) 21時19分

» 映画感想≪ノーカントリー≫ [キネマ徒然草]
邦題を決めるときは慎重に。。 ≪ノーカントリー≫★★★★ ジョエル・コーエン&イーサン・コーエン監督 トミー・リー・ジョーンズ主演 ≪ファーゴ≫≪バーバー≫等で知られるコーエン兄弟の最新作。2007年度アカデミー賞においては作品賞をはじめ4部門を受賞作品です。 まずこの作品、邦題が酷いです。原題は≪NO COUNTRY FOR OLD MEN≫。b邦題はあまり映画の内容を反映してない。/bもう少しセンスが欲しい。。 b&g..... [続きを読む]

受信: 2008年4月16日 (水) 00時43分

» 【劇場映画】 ノーカントリー [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー。そしてもう一人、厄介な事件に巻き込まれたモスを救うべく老保安官エド・トム・ベルが追跡を始めるのだった。(goo映画より) コーエン兄弟らしい、血と暴力の世界を描きながらも、不思議な静寂さを持つ作品。 ... [続きを読む]

受信: 2008年4月25日 (金) 20時18分

« 「佐藤亜紀子リュートリサイタル」:春の事故に泣く | トップページ | その後の「ノーカントリー」 »