« 「英国美術の現代史:ターナー賞の歩み展」:アートの価値を金額と賞以外の何で計れようか | トップページ | 「反貧困」:新たなる奴隷制が今や成立する »

2008年7月 5日 (土)

「アフタースクール」:また騙された……

080705

監督:内田けんじ
出演:大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人
日本2007年

前作『運命じゃない人』が大評判となった監督の新作。
今回はシネコンでも公開だ。すごい大出世だぞ~up

中心人物三人は一流商社につとめるサラリーマン、中学校教師、怪しげな探偵--と、これぐらいしか紹介できない。あらすじ書いたら全てがネタバレになりかねないのだ。

そもそも、この映画のトリックには観客の一方的な思い込みを利用した部分が結構ある。だから、こんな話であると紹介したらそこで既にネタバレか、あるいはトリックに荷担していることになるのであった。
かえって、これまで一度も映画やドラマを見たことのない人だったら先入観がなくて騙されないかも知れない。
その点では観客の「常識」度(先入観)を試す作品かも。なぜなら、それは観る者の人間についての思い込みでもあるんだよなあ(~_~;)

描かれているのは前作同様、客が見たつもりになっていることは全く信じられない。で、逆転、逆転……最後には全部がひっくり返るのである。で、やっぱり騙されたのであった。
ただ、終盤の解明パートに至るまでの部分にちょっと緊張感に欠ける印象あり。だから、前作の方が小粒であったが、全体としては評価は少し上かな。
監督の次作には大期待したい。

脇の役者が変な人が多くて面白かった。
中学生の時の子役、二人とも美少女美少年であ~るflair


主観点:7点
客観点:7点

|

« 「英国美術の現代史:ターナー賞の歩み展」:アートの価値を金額と賞以外の何で計れようか | トップページ | 「反貧困」:新たなる奴隷制が今や成立する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/41740230

この記事へのトラックバック一覧です: 「アフタースクール」:また騙された……:

» アフタースクール [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『行方不明の友人、同級生を名乗る探偵、大人の放課後<アフタースクール>には何かが起きる!! 笑って、驚いて、巻き込まれて、グッとくる。驚きエンターテインメント! 甘く見てると ダマされちゃいますよ』  コチラの「アフタースクール」は、5/24公開となった一....... [続きを読む]

受信: 2008年7月 5日 (土) 14時54分

» アフタースクール [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:アフタースクール 制作:2008年・日本 監督:内田けんじ 出演:大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、常盤貴子、田畑智子 あらすじ:母校の中学で働く教師、神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。探偵は、神野の幼なじみで今は一流企業に勤める木村(堺雅人)の行方を追っていた。心ならずも木村探しに巻き込まれるうちに神野の知らない木村の姿が明らかになり、事態は誰もが予想しない展開に向かっていく。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年9月14日 (火) 01時57分

« 「英国美術の現代史:ターナー賞の歩み展」:アートの価値を金額と賞以外の何で計れようか | トップページ | 「反貧困」:新たなる奴隷制が今や成立する »