« バッハ・コレギウム・ジャパン第82回定期演奏会:予期せぬM川先生の爆弾に降参 | トップページ | トン・コープマン パイプオルガン・リサイタル:超速小フーガ »

2008年9月28日 (日)

罅の入った緑色の……

既に映画系のブログで取り上げられているポール・ニューマンの訃報であります。

子供のころからTVの映画劇場でよく見ていたが(『熱いトタン屋根の猫』とか『引き裂かれたカーテン』とか『レディL』とか)実を言うとあまり好きな男優でもなく、普通の二枚目俳優かと思って全く気に留めていなかった。
それが俄然、気になり始めたのは中井英夫が「彼の瞳はモディリアニの絵の人物のように緑色で罅が入っている」と書いていたからである。で、ようく彼を眺めてみると確かにその通りであった。
映画館で最初に見たのは『評決』だと思う。

出演作品については有名なものは皆さん書いていると思うので、ここは一つハードボイルド・ファンとして彼がリュー・アーチャーに扮した(映画内では違う名前になっている)『動く標的』シリーズをオススメしておこう。
あまり評価は高くないけど、ウォルター・ヒルが脚本に参加している続編の方の『新・動く標的』が結構好きである。(←どうせ、ひねくれ者よ)

|

« バッハ・コレギウム・ジャパン第82回定期演奏会:予期せぬM川先生の爆弾に降参 | トップページ | トン・コープマン パイプオルガン・リサイタル:超速小フーガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/42626737

この記事へのトラックバック一覧です: 罅の入った緑色の……:

« バッハ・コレギウム・ジャパン第82回定期演奏会:予期せぬM川先生の爆弾に降参 | トップページ | トン・コープマン パイプオルガン・リサイタル:超速小フーガ »