« 「即興と装飾の時代~ローレ、バッサーノ、ロニーニョ」:ルネサンス期ヒット曲アレンジ合戦を楽しむ | トップページ | 「閉店休業」の知らせ来たる »

2008年10月 8日 (水)

「落下の王国」:退屈でキレイな絵本を眺めた

081008_2
監督:ターセム
出演:リー・ペイス、カティンカ・ウンタルー
インド・イギリス・アメリカ2006年

むかしむかし20世紀初め、まだ映画がサイレントだった時代--大怪我をして入院しているスタントマンが、同じ病院にやはり怪我で入院している5歳の女の子アレクサンドリアたんと知り合い、荒唐無稽なお話を聞かせるようになります。
毎日病室にやってきては、お話をせがむアレクサンドリアたんribbon しかし、なんということでしょう(!o!)スタントマンには隠された企みがあったのです--といっても変態なロリコンぢゃないですよ(多分sweat02)。ロリコンなどということを想像した人はさっさとトーフの角に頭ぶつけて反省するがよろし( ̄ ^ ̄)

で、この手の話だと現実は暗く殺伐としているのに対し、虚構の物語の方は楽しかったり生き生きしてたり鮮烈だったりするのですが、この映画では虚構の方が詰まらないのはどうしたことでしょうか。
いえ、各地の美しくも珍奇な世界遺産をめぐってロケし、石岡瑛子の衣装が鮮やかな冒険譚……なんですけど、ストーリーが退屈極まりなく、躍動感も緊張感もなんにもないのはいかんともし難く。登場人物に全く興味が持てず、早く次の場面行かないかなー、なんて思っちゃいました。
なんだか、作り手の創造力が遺跡やら過去の建築に頼りっぱなしのように見えました。よっぽど、クセのある患者がいる病院の現実の方が面白い……と思っていると、虚構と現実が交わってくるにつれて現実も詰まらなくなってくるのはこれまた興醒めです。こんなんでは今時のお子ちゃまたちだったらポケモン映画の方が面白いと思うに違いありません。

観光案内の絵ハガキを次々と見せられたような気分でした。キレイだとは思っても終わってみるとなんにも心に残らずpunch
よかったのは、アレクサンドリアたん役の子がプックリしてて美少女にはほど遠いけど、こまっしゃくれててカワイかったこと(*^-^*)
あと、オープニング・クレジットがスローモーションのモノクロで印象に残りましたが、前作の『ザ・セル』では現代アートをパクリまくっていた監督ですから、これもまたアンセル・アダムスとか戦前に活躍したモノクロの写真家作品を参考にしているのでしょうか? よい子は真似しちゃダメですよpout


主観点:4点
客観点:5点

【関連リンク】
《我想一個人映画美的女人blog》
まさに「激しく同意」な感想です。

《パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ》
裏話や背景など。

|

« 「即興と装飾の時代~ローレ、バッサーノ、ロニーニョ」:ルネサンス期ヒット曲アレンジ合戦を楽しむ | トップページ | 「閉店休業」の知らせ来たる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/42726897

この記事へのトラックバック一覧です: 「落下の王国」:退屈でキレイな絵本を眺めた:

» 落下の王国/The Fall [我想一個人映画美的女人blog]
ジェニファー・ロペス主演の前作『ザ・セル』から4年。 と言ってもこの映画、アメリカでの公開は2006年。日本にとっては実質6年ぶりになるターセム監督の待望の新作! 来月公開を前に試写で観てきた。 『ザ・セル』ではCGによる独特な映像美が話題になって、当時劇場で観たんだけど 今でも明確に覚えてるシーンがあったりして、なかなか強烈なインパクトを残した作品だった。 その監督が長い年月(なんと構想26年!撮影期間は4年!)かけて創り上げた1本、気になって当たり前か。 原題のThe Fallは落下とか... [続きを読む]

受信: 2008年10月 9日 (木) 09時15分

» 落下の王国 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『君にささげる、 世界にたったひとつの作り話。』  コチラの「落下の王国」は、「ザ・セル」のターセム監督が、13の世界遺産、24カ国以上にロケーションを行い、構想期間26年、撮影期間4年の歳月を費やし、完成させた9/6公開のアーティスティックなアドベンチャー・....... [続きを読む]

受信: 2008年10月 9日 (木) 20時20分

» 落下の王国*原題 The Fall [銅版画制作の日々]
 君にささげる、世界にたったひとつの作り話。 10月8日、京都シネラリーべにて鑑賞。レディスディーということでか?それとも朝1回上映でなのか?このシアターがこんなに満員になるとは驚き!マニアな人には、やはり人気作品なのかもしれないね。観客の大半が女性だった。男性は2〜3名だったような気がする。私の隣には親子連れで鑑賞しておられた。子どもさんは5歳くらいだろうか?字幕版なのに、大変だろうななんて。 さてこの映画「落下の王国」の原題はいたってシンプル、“The Fall”。今回も邦題のほうが、何とな... [続きを読む]

受信: 2008年10月16日 (木) 18時38分

» 「落下の王国」この世にあるこの世のものとも思えない映像に浸れ [soramove]
「落下の王国」★★★ リー・ペイス、カティンカ・ウンタール出演 ターセム監督、アメリカ イギリス インド、2006年、118分 映画でしか体験できない時間、 人間の想像と創造の形を 現存する様々な場所に 空想と一緒に連れて行ってくれる。 病室で寝たきり...... [続きを読む]

受信: 2008年10月22日 (水) 22時01分

« 「即興と装飾の時代~ローレ、バッサーノ、ロニーニョ」:ルネサンス期ヒット曲アレンジ合戦を楽しむ | トップページ | 「閉店休業」の知らせ来たる »