« オーケストラ・リベラ・クラシカ第22回公演:「寿司食いねえ」とヴィヴァルディは言った | トップページ | ヘンデル/オラトリオ「セメレ」:神の仲間入りはできなかった女 »

2008年10月13日 (月)

今村泰典バロック リュート リサイタル:問答無用リュート一本勝負

081013
会場:近江楽堂
2008年10月10日

ヴァイスのリュート作品集の二枚目のCDが発売された記念のコンサート。
そのCDに収録された2曲の組曲が演奏された。組曲って言っても極めて長いもので、前半と後半一曲ずつで、普通のコンサートぐらいの長さになってしまうのであった。

当日は残暑がぶり返したような結構気温が高い日で、楽器のため?に演奏中は空調を停めてしまった会場はかなり暑かったsun(半袖半ズボンの人もいたぐらい) 真夏は冷房きき過ぎで寒かったこともあったし、近江楽堂は寒暖についてはガマンしなくてはならない場合が多くて参るのう(´Д`)
客は関係者やリュートマニアが多かったもよう。

演奏は余計なことは一切なくサクサクと進められた。当然、拍手も組曲の終わりに一回ずつだけ。まさにリュート一本勝負のコンサートであった。もちろん「一本」といっても大型のバロックリュートなんで弦の数はやたらと多い(^^;)

こうして聴いてみるとヴァイスの曲は硬派っぽいというか、問答無用というか、隙がなく構築されているというか……アンコールのバッハのリュート曲がロマ~ンティックshineに聞こえてしまったほどなのであった。
そのバッハがまたえらーく速い演奏なんでビックリ。舞曲としてのアクセントをつけながらも今まで他の人の録音などで聴いたものよりも破格の超速である。思わず終了後にハイッと手を上げて「今村先生、ホントに音を飛ばさずに弾いたんでしょうか(?_?;」なんて失礼な質問をしたくなってしまったぐらい。


ところで、14日の鈴木美登里+今村センセのコンサートはますます行けなくなる公算強し。泣けるのう……(T^T)クーッ

|

« オーケストラ・リベラ・クラシカ第22回公演:「寿司食いねえ」とヴィヴァルディは言った | トップページ | ヘンデル/オラトリオ「セメレ」:神の仲間入りはできなかった女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/42771537

この記事へのトラックバック一覧です: 今村泰典バロック リュート リサイタル:問答無用リュート一本勝負:

« オーケストラ・リベラ・クラシカ第22回公演:「寿司食いねえ」とヴィヴァルディは言った | トップページ | ヘンデル/オラトリオ「セメレ」:神の仲間入りはできなかった女 »