« 「オン・ユア・ボディ」:このヌルさが「今」なのだろうか--なんちって | トップページ | 「イギリスバロック~ふたつの愛のかたち」:雨と涙と鼻息と »

2008年11月30日 (日)

「その土曜日、7時58分」:遂に題名を覚えられなかったよ

081130
監督:シドニー・ルメット
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、イーサン・ホーク
米国・イギリス2007年

公開前に予告を見て面白そうだなとは思ったが、結局見に行かなくてもいいやと脳内エンマ帖の鑑賞予定から外してしまっていた。
しかし映画系ブログでの評価は高く、特にこちらでの感想を読んで俄然見に行きたくなってしまった。そこで、既にクリスマス前哨戦のカップルが邪魔ngにあふれる恵比寿まで足を運んだのである。

だが、この題名は……「土曜日」、ん?なんか前に付いてたな。「あの土曜日」--ぢゃなくて「その土曜日だ」! えとえと(^◇^;;その後は……「8時23分」??覚えてねえ~。オバハンの脳ミソでも記憶してられる題名にして下さいよう(>_<)
結局、チケットを買う時に至ってもこの映画のタイトルを覚えることはできなかったのであったfoot

不動産会社の管理職におさまり裕福な暮らしをする兄が、なぜかしがない安サラリーマンの弟に強盗の話を持ちかける。それはなんと両親が営む小さな宝石店を襲う計画だった。
さて、強盗を実行したはいいけれど……と、その後はトラブルと不運と共にゴロゴロと坂道を転がり落ちていく。

しかしねえ、これはちょっと「やり過ぎ」というか、わざとらしいというか(=_=;) いくらなんでもこんな風に展開するかーっannoyと甚だしく疑問に感じた所が多い。
母ちゃんは銃の腕前がうま過ぎで、銃を購入した時練習したのか? 兄はあんなところで名刺渡したりするか? それから最大の疑問は弟は結局どうなったのsign02 まあ想像はつくけど、投げ出したままというのはどうよ。

それに、ラストの父親の行為は復讐であろうか? それとも息子はもはや破滅の道しかないと思いやってああしたのか? いずれにしろ、父親のあんたがそういう態度だから息子がグレるんだよ、と言いたくなってしまった。

そんな「不条理」ならぬ不可解な物語をうまい具合に支えているのは、役者陣が達者な演技をしているからだろう。フィリップ・シーモア・ホフマンのあまり感情を表にしないヌエぶり、イーサン・ホークのダメダメ弟ぶり、アルバート・フィニーの頑な親爺ぶり--役者の演技は実に堪能しました、ハイ。

ただ、兄弟の関係も『シンプル・プラン』に比べると物足りない。あの映画で傍から見た兄弟の関係が実は全く逆だったというのが明らかになるあたりは、思わず手に汗握ってしまったもんである。

サスペンス映画風なのに「R-18」なのはなぜよ(^^?と思っていたら、なんと初っぱなからP・S・ホフマンの白くて巨大な尻が~~~っdanger さらに裸で寝台に仰向けになった彼を見て、映画館の女性客の約半数が「わたしより胸がある(☆o◎;)ガーン!!」と思ったのは間違いなし。
しかし、あの場面を設定した意図もなんだか不明なのであった。


主観点:6点
客観点:6点

|

« 「オン・ユア・ボディ」:このヌルさが「今」なのだろうか--なんちって | トップページ | 「イギリスバロック~ふたつの愛のかたち」:雨と涙と鼻息と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/43278881

この記事へのトラックバック一覧です: 「その土曜日、7時58分」:遂に題名を覚えられなかったよ:

» その土曜日、7時58分 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『その瞬間、一つめの誤算。 兄は弟に禁断の企てを持ちかけた。 最悪の誤算をきっかけに、 次々に暴かれる家族の闇。』  コチラの「その土曜日、7時58分」は、「十二人の怒れる男」のシドニー・ルメット監督の最新作で、10/11公開となったR-18指定のクライム・サス....... [続きを読む]

受信: 2008年11月30日 (日) 23時35分

» その土曜日、7時58分 [銅版画制作の日々]
 その瞬間、一つめの誤算 原題:BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU’RE DEAD 12月15日、京都シネマにて鑑賞。原題も長いし、邦題も長いです。「カポーティ」のフィリップ・シーモア・ホフマン、そしてイーサン・ホークが巨匠シドニー・ルメット監督と組んだ作品です。 凄いです。最後の最後まで・・・・。ここまで親子関係の歪みがあるのか?多分息子の企てがなければ、こんなことにはならなかったのだろうけど。そしてそれを企てた息子自身もこんな結末を迎えるとはまさか?!思わなかったに違いな... [続きを読む]

受信: 2008年12月17日 (水) 09時59分

» 『その土曜日、7時58分』'07・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ会計士のアンディは、生活に窮する弟ハンクに自分たちの両親が営む宝石店への強盗を持ちかけるが・・・。感想放送映画批評家協会アンサンブル演技賞賞受賞。『BEFORETHEDEVILKNOWSYOU'REDEAD』早く天国に行けますように死んだのが悪魔に知られる前に原題は長すぎ...... [続きを読む]

受信: 2010年3月31日 (水) 22時16分

« 「オン・ユア・ボディ」:このヌルさが「今」なのだろうか--なんちって | トップページ | 「イギリスバロック~ふたつの愛のかたち」:雨と涙と鼻息と »