« 「Sweet and Gentle Baroque」:音空間にすっぽり入る | トップページ | 「サド侯爵夫人」:一体いつか完璧に満足できる日が来るだろうか »

2008年11月 1日 (土)

「ゲット スマート」:昔のドラマは忘れてくれい

081031
監督:ピーター・シーガル
出演:スティーヴ・カレル、アン・ハサウェイ
米国2008年

大昔、子供の頃は外国TVドラマが花盛り。もちろん有名どころはほとんど見ていたが、その中でも一番好きだったのは「それ行けスマート」だった。なぜならヒジョーにバカバカしくて下らなくっておかしかったからである \(^o^)/
スパイものブームの中で作られたパロディ系の30分ドラマで、UHFで再放送された時もまた見てしまったが、それからでさえも既に××年経過。それがスティーヴ・カレル主演でリメイクというので喜び勇んで見てきた。

うーむ……「TVドラマの映画版は今イチ面白くない」という法則がまたもここで当てはまってしまったようだ。オリジナルっぽい部分は予告だけで出尽くしちゃって、前半のそれ以外の場面はあまり笑えず(-.-;)
むしろ、後半のアクション場面(かなり真っ当な作り)の方がすっきり笑えてハラハラした。
まあ、いにしえのオリジナル版を期待して行った私が悪いんでしょう。これだったら、ドン・アダムスが既にフケてしまってたけど、なぜかシルヴィア・クリステルと共演した昔の映画版の方がマシだったみたい。
リメイクとか気にしないで行った人の方が楽しめるようだ。あと、英語のギャグがどうも理解できていない予感がかなりした。吹替え版を藤村有弘で作ってぜひ笑わせてもらいたいもんだが故人なんで、それも無理だ……heart03

ただ事前に、今はケータイのご時世なのにあの靴型電話機(靴の底に電話のダイアルが付いていてアンテナを伸ばして電話をかける、とゆう優れもの。ただ、今履いていた靴を脱いでその底を顔にくっつけるのはなんだかな~という問題あり)はどうすんのかなfootと疑問に思っていたが、ちゃんと活用されてたのは嬉しかった。
それから、チーフ役で大活躍のアラン・アーキン、悪役にテレンス・スタンプ、その他ジェームズ・カーンやビル・マーレイも出ていて何気に豪華オヤヂ・キャストであった。


さて、『それ行けスマート』の面白さというのは、「おバカ」じゃなくて「すっとぼけている」という感じだった。最近のドラマで言うと『宇宙船レッド・ドワーフ号』が近いか。でもレッド・ドワーフだって見ている人はそんなにいなさそうだが(^=^;
それに、99号は最初お色気要員みたいな役柄でスマートと組んだんだけど、段々とお笑いも担当してきてボケ・ツッコミならぬボケ・ボケコンビみたいになってから俄然面白くなったのだった。
今でも覚えてるギャグだと、霧の街ロンドンmistに任務で行ったはいいが、なにせ霧の街で霧が濃過ぎて街中モクモクとしているもんだから、敵も味方も分からなくなって混乱!というのがあった。まさに「んなバカな~っdash」である。

CS放送では日夜海外TVドラマを放送している局が幾つもあるんだから、ぜひどこかで再放送を頼む(-人-)オネガイ
さもなきゃDVDボックスの発売をしてくれ~。そしたらすぐ予約しちゃうよdollar でも、映画版の客の入りでは無理な話か(T_T) (米国ではヒットで続編製作が決まったらしい)


主観点:5点
客観点:7点

【関連リンク】
《映画の心理プロファイル》
ドン・アダムス訃報が流れた時の記事。

《お散歩アルバム・・秋本番》
「スマート」だけでなく、懐かしのTV番組の名前がいっぱい(^^)

|

« 「Sweet and Gentle Baroque」:音空間にすっぽり入る | トップページ | 「サド侯爵夫人」:一体いつか完璧に満足できる日が来るだろうか »

コメント

こんにちは!
コメントを頂きどうも有難うございました。
テレビドラマをお好きでいらしたんですね~
私はオリジナルを全く知りませんが、さわやか革命さんの記事を読ませて頂くと、、、面白そう♪
映画は、結構笑えたのですが、それがど~うもユルユルで途中で飽きてしまいました(汗)
そのユルユル感を楽しまなきゃダメですね~反省です(笑)

投稿: 由香 | 2008年11月 8日 (土) 15時18分

こちらにもコメント頂きどうもです。

やはりドラマのノリを映画でやるのは難しかったかも知れませんね~。
でも、米国では人気で続編も作られるそうだから分からないものです(^^?

投稿: さわやか革命 | 2008年11月 9日 (日) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/42972010

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲット スマート」:昔のドラマは忘れてくれい:

» ゲット スマート [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『「世界を救う」・・・って誰が!?』  コチラの「ゲット スマート」は、「40歳の童貞男」で一躍人気コメディアンとなったスティーヴ・カレル主演のスパイ映画をパロった10/11公開となるアクション・コメディなのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪  監督は....... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 18時31分

» ゲット・スマート 2008-58 [観たよ〜ん〜]
「ゲット・スマート」を観てきました〜♪ アメリカのスパイ機関コントロールで分析官として働くスマート(スティーヴ・カレル)は、現場のエージェントとして働くことを熱望していた。或る日、本部が犯罪組織に急襲されスパイたちの顔が漏れてしまう。コトロールのチーフ(アラン・アーキン)は、顔のばれていないスマートと整形したばかりのエージェント99(アン・ハサウェイ)にコンビを組ませ、事態の収拾を命じる・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、憧れの諜報部員になれるかも!? ... [続きを読む]

受信: 2008年11月 2日 (日) 21時57分

» ゲット スマート [★YUKAの気ままな有閑日記★]
今年のアカデミー賞授賞式の時に、のコンビでプレゼンターを務めていたのは、、、この映画がらみかぁ〜【story】アメリカ極秘諜報機関“コントロール”が国際犯罪組織“カオス”に襲撃され、エージェントたちの身元が明るみになってしまう事態が発生。そこで、コントロールのチーフ(アラン・アーキン)は、分析官のマックスウェル・スマート(スティーヴ・カレル)をエージェント86として昇格させ、整形したばかりの美女、エージェント99(アン・ハサウェイ)とコンビを組ませ、カオスが盗み出した核物質の行方を突き止める任務に就... [続きを読む]

受信: 2008年11月 5日 (水) 18時24分

« 「Sweet and Gentle Baroque」:音空間にすっぽり入る | トップページ | 「サド侯爵夫人」:一体いつか完璧に満足できる日が来るだろうか »