« 「石田徹也-僕たちの自画像-展」:苦痛の残滓 | トップページ | 人並みに2008年回顧なんぞをしてみた »

2008年12月31日 (水)

「中野振一郎のゴールドベルク2008」:鍵盤の響きで終う師走かな

081231b
会場:東京文化会館小ホール
2008年12月28日

正真正銘、今年のラストコンサートである。最近は年末にゴルトベルク変奏曲を演奏するのが流行なのかどうか不明だが、確か東京周辺でもこの時期に3つぐらい公演があったようである。

過去に生で聴いたことあるのは、武久源造と鈴木(兄)かな?(多分)
しかし、どうもバッハのチェンバロ曲ってなんとなく学究的な気分になっちゃって「楽しんで聴く」という感じにならないんだよねー。どういうこったいsign02

やはり今回もそうなってしまった。あの「最速」bullettrain中野氏がゴルトベルクをどのように弾くかは興味があったんだけど。
ご当人も解説に、これを演奏する時は「中野でない中野を見ているようだ」と言われると書いているが、なるほど前半はそういう印象。しかし、後半はやはり「中野節」が出てきたような--。
とはいえ、バッハの鍵盤音楽を聴くにはまだたまだ修行が足りぬ自分を自覚したのであった。

それにしても、この時期にわざわざゴルトベルクを聴きに来るような人はよほどのマニアなのかear、客席からは時節柄の咳が聞こえるぐらいで後はシンと静まり返っていた。もちろん、ケータイ鳴らすヤツとかチラシをバサッと落とすヤツはいなかったようだ。これはオドロキである。

|

« 「石田徹也-僕たちの自画像-展」:苦痛の残滓 | トップページ | 人並みに2008年回顧なんぞをしてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/43592453

この記事へのトラックバック一覧です: 「中野振一郎のゴールドベルク2008」:鍵盤の響きで終う師走かな:

« 「石田徹也-僕たちの自画像-展」:苦痛の残滓 | トップページ | 人並みに2008年回顧なんぞをしてみた »