« 「未来を写した子どもたち」:子どもに未来はある。だがそれを選べない。 | トップページ | 「ヤング@ハート」:年は取っても歌は錦だいっ »

2008年12月29日 (月)

来年の来日予定(果たして全員来られるか!)

雑誌「アントレ」の最新号に「2009年 来日アーティスト情報」が載っていた。

*ロベルタ・マメリ 2月:既にチケットはゲット済み。
*デュメストル&ル・ポエム・アルモニーク 4月:横浜にするか王子ホールにするか思案中。演奏会形式なんざんしょか?
*ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 5月:公演内容がハッキリせんとね。
*グスタフ・レオンハルト 5月:レオ爺またまたクル~ッ! 今回はパスかも。
*アムステルダム・ルッキ・スターダスト・カルテット 6月:オリジナル・メンバーに戻ったとのことで、期待大。
*第11回 福岡古楽音楽祭 9月:今度は木管楽器特集とのこと。メンツを見るとうらやましくなってしまう。いいなあheart01
*ドミニク・ヴィス&クレマン・ジャヌカン・アンサンブル 9月:こうなったら、とことん付き合います。
*モーリス・シュテーガー&北谷直樹 10月:いかにも武蔵野市民文化会館風の通な人選か。と言ってもシュテーガーというリコーダー吹きは知らないんだけど。
*第7回ヘンデル・フェスティバル・ジャパン 11月&2010年2月:今から期待がふくらんでおります。
*ピエール・アンタイ 11月:プログラムによって行くか行かないか。
*レッド・プリースト 12月:またもや来日。新しいプログラムがあったら行くかも。

この皆さんが、無事に来日できるように心から祈っております(-人-)
雑誌の締め切りの関係上、コープマン&ABOの予定も載ってるが……down

|

« 「未来を写した子どもたち」:子どもに未来はある。だがそれを選べない。 | トップページ | 「ヤング@ハート」:年は取っても歌は錦だいっ »

コメント

コープマンは東京公演が中止で決定、他の地方公演はまだ何とも言えないみたいですね。

投稿: trefoglinefan | 2009年1月 8日 (木) 15時41分

情報ありがとうございます。
やはり、中止ですか。
(ToT)ドーッ

投稿: さわやか革命 | 2009年1月 8日 (木) 23時14分

さきほど、新聞夕刊記事とトン・コープマンのオフィシャル・サイトを読んでびっくり。日本だけでなく、ヨーロッパ・ツアーも次々とキャンセルの憂き目なんです。
詳しくは、当ブログ記事をご覧ください。
対岸の火事見物してたら、背中に火の粉が飛んできたって感じで、わたしもあわててます。

投稿: レイネ | 2009年1月27日 (火) 04時40分

レイネ様、そちらのブログの記事、読ませて頂きました。
オーケストラ同士のせめぎ合いも大変なんですねー。
しかし、それには関係なくチケット代は戻って来ないし、茅ヶ崎まで行く元気もありませぬ。
これだったら、家にいて大人しくCD聴いてた方がいいんですかね。

投稿: さわやか革命 | 2009年1月27日 (火) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/43569084

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の来日予定(果たして全員来られるか!):

« 「未来を写した子どもたち」:子どもに未来はある。だがそれを選べない。 | トップページ | 「ヤング@ハート」:年は取っても歌は錦だいっ »