« 「永遠のこどもたち」:永遠の母親にはなりたくねえなあ | トップページ | ワイエスの訃報 »

2009年1月18日 (日)

日本インターネット映画大賞外国映画部門・勝手に番外編

恒例の番外編、今回もやりました。
なお、偏見と独断とイヤミに満ちていることを予めお断りしておきます。
抗議・苦情・不平不満の類いは一切受け付けませんっban


【最凶邦題賞】
「僕らのミライへ逆回転」
このタイトルがこの先何十年も流通していくわけですな……annoy
次点:「宮廷画家ゴヤは見た」 いや、確かにその通りの内容なのは確かなんだが。

【最優秀銃撃戦賞】
「エグザイル/絆」
ぶっちぎりです。

【最優秀格闘場面賞】
「イースタン・プロミス」
異議な~しfuji

【最優秀オヤヂ萌え映画賞】
「ダークナイト」
オヤヂというよりはジーサン二人ですね。暗い物語の中でモーガン・フリーマンとマイケル・ケインが登場する場面だけはなごみます。

【最優秀兄貴賞】
残念ながら該当なし。今年は頼りになる兄ぃが登場するのを待望する。

【ロードショーで見損なって残念で賞】
「ゾンビーノ」
レンタルDVDで見た。公開時に行かなくて深~く後悔した。

【最悪トラブル賞】
「靖国 YASUKUNI」の上映中止騒動。

【ちゃぶ台ひっくり返し賞】
【ワースト映画賞】
「ハンティング・パーティ」
「ちゃぶ台ひっくり返し賞」は、見終ってあまりの結末に思わず「なんじゃ、こりゃ~。観客をなめとんのか!」(ノ-o-)ノ ~┻━┻ガシャーン と、ちゃぶ台をひっくり返したくなる気分になる映画に与えられる栄光ある賞である。
これと共に、さらにワースト賞もダブル受賞という近年にない最低の栄誉をゲットしたのがこの映画。思い出すと腹が立つぜいdash
こんなモンを見てしまったことをひたすら反省するのみである。
あーヤダヤダ( -д-) 、ペッ

|

« 「永遠のこどもたち」:永遠の母親にはなりたくねえなあ | トップページ | ワイエスの訃報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/43774670

この記事へのトラックバック一覧です: 日本インターネット映画大賞外国映画部門・勝手に番外編:

« 「永遠のこどもたち」:永遠の母親にはなりたくねえなあ | トップページ | ワイエスの訃報 »