« 「サーチャーズ2.0」:生暖かく暴れてみました。文句あっか! | トップページ | 詰まらない、つまらない……退屈だ »

2009年2月 3日 (火)

「フランスの光と影」:一応ルイ14世になった気分で聴いてみる

090203
ルイ14世時代の室内楽
演奏:国枝俊太郎ほか
会場:近江楽堂
2009年1月28日

ワタクシ的にはなんと一か月ぶり、今年始めてのコンサートである(^-^)/

「気分はヴェルサイユ宮殿crown」的な雰囲気を味わえるように組んだプログラムとのこと。リーダーはリコーダー&トラヴェルソの国枝俊太郎のようだが、グループ名もないので、いつも一緒にやってるメンツなのか、今回だけの組合わせなのかよく分からない。
他のメンバーは細岡ゆき(リコーダー)、安孫子みかほ(ガンバ)、岩淵恵美子(チェンバロ)。

最初はP・D・フィリドールの組曲。リコーダー二本が中心で4人全員で。続いてF・クープランをリコーダー二人だけで。次にフォルクレをガンバ+チェンバロ……という風に編成を色々と変えて演奏した。
チェンバロ独奏されたル・ルーという作曲家は初めて聴いた(多分)。アンコールは定番マラン・マレ。

ルイ14世時代の主要な作曲家たちによる雅な音世界を充分楽しめたコンサートだった。ただ、優美さを前面に出すあまり、躍動感にやや欠ける演奏だったような気も……これって贅沢な望みかしらん(^-^;
ともあれ、生フォルクレを聴けたのは嬉しかったですfuji

|

« 「サーチャーズ2.0」:生暖かく暴れてみました。文句あっか! | トップページ | 詰まらない、つまらない……退屈だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/43946009

この記事へのトラックバック一覧です: 「フランスの光と影」:一応ルイ14世になった気分で聴いてみる:

« 「サーチャーズ2.0」:生暖かく暴れてみました。文句あっか! | トップページ | 詰まらない、つまらない……退屈だ »