« 「強いられる死--自殺者三万人超の実相」 | トップページ | 「ザ・ルッキ・ファイルズ」:30年分のファイルをひもといてみれば »

2009年6月27日 (土)

「消されたヘッドライン」:記事を書く前に事件は進むよ

090627
監督:ケヴィン・マクドナルド
出演:ラッセル・クロウ
米国イギリス2009年

元は英国の社会派ドラマTVシリーズを米国を舞台にリメイクしたものとのこと。監督は『ラストキング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルドである。

若手議員の女性スタッフが地下鉄で死亡。折しもその議員は公聴会で民間軍事企業を追求しようとしていたのであった。スキャンダル勃発に永田町は……ぢゃなかったfootワシントンは大揺れ。
主人公の記者は議員の旧友で、業績不振脱出を目指す編集長からスクープ記事を書くように命令されるのであったが……。

この主人公がボサボサのロン毛で、メタボ体型のだらしそうな中年男。まさに昔気質の「ブンヤ」という印象である。(対照的に、相棒となるネット配信記事担当は若くて美人のオネーチャン--というのはお決まりですかな(^o^;)

さすがハリウッド(!o!) 話題の民間軍事企業(ブラックウォーターみたいなヤツか)を早くも取り上げている。
当然ながら、話は二転三転……五転六転ぐらいしちゃう。TVシリーズならこの展開はいいかも知れないが、2時間でこりゃ展開し過ぎである。ヘッドラインが「消され」ちゃうのは、ストーリーが転がり過ぎて記事を書いてるヒマがないからじゃないの?なんて疑っちゃうのであった。
そしてラストは原作にないドンデン返しを付けたそうだが、これがあまりに驚愕の展開で「泰山鳴動してネズミ一匹」状態になってしまったのであったΣ( ̄□ ̄ll) ガーン
なんだよ、そういう話だったんかいdown ヘナヘナと脱力状態である。

最後は滅びつつある紙メディアの「新聞」にエールを送りつつ終了。ネットに押される古きよき映画と新聞--同病相憐れむという感じでしょうか。

まあ、最近数少なくなってきた社会派ものなんで点数は甘くしとこう。
それにしても、軍事企業の儲けは実は海外の紛争地よりも米国国内の方が大きいという話が出てきたが、本当だろうか。こりゃオドロキsign03である。

主役のラッセル・クロウはダルい中年男で頑固者という設定だが、時折人懐っこい笑みをニコリンchickとみせるところがなんとなく憎めない。往年のファンはブヨブヨした彼は不評だったようだが、私はむしろオスカー受賞者crownというのは伊達ではないと改めて思った。

議員の妻役のロビン・ライト・ペンはちょっとフケたけど、相変わらず美人shine。でも、こんな美人でもダンナに嫌われてしまうのね~( -o-) sigh...

編集長役は役柄的には単にウルサイだけのオバハンだけど、さすがヘレン・ミレンが演じれば貫禄&迫力充分。彼女に「はよ原稿出せー」と言われたらコワくて「ギャーッ!書きます書きます」と1時間で書きあげちゃうぐらいだ。

ベン・アフレックは……いくらなんでも彼とラッセル・クロウが大学時代のルームメイトという設定は無理じゃないの。主人公がギリギリまで留年してたというなら……やっぱり無理無理(^レ^;)

ところで、前作見ていた時も感じたんだけど、この監督さんてホモセクシュアルじゃないのかね? ま、他人様のプライベートでありますけどban


主観点:7点
客観点:7点

|

« 「強いられる死--自殺者三万人超の実相」 | トップページ | 「ザ・ルッキ・ファイルズ」:30年分のファイルをひもといてみれば »

コメント

これ、NHKBSで放映していたイギリスのドラマの方(ステート・ウィズイン)を見ていたのですが、確かにドラマだと1回毎、次回はどうなる??そう来たか!で4転5転しても違和感が無いですが、2時間映画だと展開しすぎですよね・・
結末も違うみたいで・・ドラマでは新聞社、最後は結構カッコよく決めてました。まあ、圧力に屈してはいるのですが・・

投稿: アルチーナ | 2009年6月27日 (土) 20時35分

原作ドラマご覧になったのですねー。NHKBSはうっかり見逃しが多くて、これは知りませんでした。

新聞社への圧力というのはあまり描かれていません。ヘレン・ミレンの編集長が「経営難だからゴシップでもなんでも書け~」みたいなことを言うのと、親会社が文句つけてきた、ということぐらいしかありませんでした。

どちらかというと、主人公と議員の友情と三角関係の方が重視されていたようです。

投稿: さわやか革命 | 2009年6月28日 (日) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/45465343

この記事へのトラックバック一覧です: 「消されたヘッドライン」:記事を書く前に事件は進むよ:

» 消されたヘッドライン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『そのスクープが、時代を揺るがす。』  コチラの「消されたヘッドライン」は、2003年にイギリスBBCで放送された大ヒットサスペンスドラマをハリウッドで映画化した5/22公開の社会派サスペンスなのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪ちなみにオリジナルのドラマ「ス...... [続きを読む]

受信: 2009年6月27日 (土) 14時28分

« 「強いられる死--自殺者三万人超の実相」 | トップページ | 「ザ・ルッキ・ファイルズ」:30年分のファイルをひもといてみれば »