« 結城座「乱歩・白昼夢」:新しい時代はいったいどんな恐ろしい生きにくい時代であろうか? | トップページ | 「エリザベート・クロード・ジャケ・ド・ラ・ゲール」:気分(だけ)は王宮サロン風 »

2009年8月28日 (金)

「ボルト」(字幕版):犬派、猫派、ヲタク派までオッケー

090828_2
監督:バイロン・ハワード、クリス・ウィリアムズ
声の出演:ジョン・トラヴォルタ

ここしばらくの間に観た感動系の映画に片端からケチをつけていた私ではありますが、正直に言おう!
感動しちゃった(≧▽≦)キャー

も一つ正直に言えばディズニー印のアニメなんて映画館で見たのなんて××年ぶり--というか、もしかして初めてか?
そんな私σ(^_^;)がどうして見に行ったかというと、ピクサーのJ・ラセターが製作総指揮に入った第一作めということであり、また他の常連さんのブログを見ても評判がよかったからだ。

主人公はSFアクション物のTVドラマでスーパードッグとして活躍するワン公ボルト。子犬の頃から自分が本当に超犬だと信じ込まされて育てられているのだ。それが、現実世界にひょんなことから出る羽目になって、自分が普通の犬であることを知る。
と、なると思い出すのはピクサーの『トイ・ストーリー』のバズである。彼も自分が飛べると信じてたんだよね(~_~;)

これだけだと、犬派の方々は歓迎しても猫派は「関係ねえや」とそっぽを向きそうだが、そこは抜かりなし。ちゃんと世をすねたような達観した猫のミトンズ姐さんが登場する。それからブヨーンと太ったヲタクのハムスターもsweat01
で、この3人……ぢゃなかった3匹の珍道中が始まるのであった。

過去にあるようなネタを使用しているが、うまく話を作り上げている。涙あり、笑いあり、そして最後は自己回復して、ちゃんと白けることなく感動させてくれるのだから大したモンである。
私が見たのは字幕版(3Dはなし)だったんで、場内は小さなお子ちゃまはほとんど見当たらず、大きなお友だち多数だった。しかし、隣の席のガタイのいいにーちゃんは体を揺らして笑ってたし、反対側の女の子二人連れはラストで泣いていた。

いやー、久し振りに映画で素直に楽しませてもらいました(^o^)

ドラマ内の悪役の首領役の声はM・マクダウェルと豪華。で、ディレクター役はジェームズ・リプトン--って、あのアクターズ・スタジオの人ですか(?_?;
脇を固めるハト達は動きだけ見てても笑ってしまう。なんかミョ~にリアルなんだよね。あれは絶対、スタッフ達が制作時にハトの動きを互いに自分で実演しあって研究したと思うぞ(^J^;)

オマケとしてピクサー製の短編「メーターの東京レース」も併映。『カーズ』に登場する田舎車のメーターが、東京に行ってドリフトレースをした、というホラ話を語って聞かせるというもの。変なトーキョーが派手にshine登場する。バックに流れる歌が、タモリの得意芸である「外国人が日本語を聞くとどのように聞こえるか」というヤツそのものなんで笑ってしまう。
一つだけケチをつけると、日本の警官はドーナツは食わんと思うが……。じゃあ、何を食っているかというと--えーとえーと、焼き鳥chickとワンカップ酒bottleかっ(^^?(←あくまでも推測です)


犬度:8点
猫度:7点

|

« 結城座「乱歩・白昼夢」:新しい時代はいったいどんな恐ろしい生きにくい時代であろうか? | トップページ | 「エリザベート・クロード・ジャケ・ド・ラ・ゲール」:気分(だけ)は王宮サロン風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/46050497

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボルト」(字幕版):犬派、猫派、ヲタク派までオッケー:

» ボルト [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ずっと家族だって、信じてる』  コチラの「ボルト」は、飼い主のペニー(マイリー・サイラス)を守るために改造されたスーパードッグだというTVドラマの設定を信じ込まされているボルト(ジョン・トラヴォルタ)の活躍を描いたピクサーと合併し新生ディズニー第1弾作...... [続きを読む]

受信: 2009年8月28日 (金) 11時20分

» 『ボルト』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ車よりも早く、ヘリを飛び越え、破壊力抜群の吠え声で悪の軍団と闘うスーパードッグのボルト。でも、それはTVドラマの中のお話で・・・。感想アカデミー賞長編アニメ賞ノ... [続きを読む]

受信: 2010年11月 8日 (月) 23時58分

« 結城座「乱歩・白昼夢」:新しい時代はいったいどんな恐ろしい生きにくい時代であろうか? | トップページ | 「エリザベート・クロード・ジャケ・ド・ラ・ゲール」:気分(だけ)は王宮サロン風 »