« 「イタリアのヘンデルとその周辺」:ヘンデル・イヤーの本命来たる! | トップページ | 「レクチャー・コンサート~古楽への扉2」:扉は開いたか? »

2009年10月24日 (土)

「あの日、欲望の大地で」:許されざる「女」

0901024
監督:ギジェルモ・アリアガ
出演:シャーリーズ・セロン
米国2008年

母親の因果が娘に報い~punchみたいな三世代にわたる因縁話を描いた作品。
前半は興味を引く構成になっていて、さてこれをどう解決するのかと思って期待して見ていたら、えー、なに、こういう方向に行っちゃうの(?_?;という感じで収束してしまうんでガックリしてしまった。

三つの異なる時制のストーリーが何の区別もなく次々と示されて続いていく。私は事前にあらすじなど情報を仕入れてから観たのでなんとか判別が出来たが、そうでなかったら各シーンのつながりを読み取るのはなかなか難しかったろう。

それらの物語は、一見自立していそうに見えながら自虐的な男女関係を続ける女、真っ昼間に密会を続けるダブル不倫の中年男女、密会中に死んだ男女のそれぞれの娘と息子--が中心となって語られる。

このような複雑な構成で描かれながら、物語は結局予定調和の方向で解決して終了する。すなわち、傷ついた女は妻と母の座に戻ることで幸福になる、ということだ。
一方、家庭を放り出した男女は殺されても誰も罪に問われないのである。到底納得できない話だ。
まあ、所詮作り事だからねemptyとか、もう人々は暗い話は求めていないんよclearなんて理由では納得できんぞ、ワシは(`´メ)

映像は美しくダイナミックで、役者たちの演技も素晴らしいが、残念ながら見終ってガッカリしてしまった。
監督は『21グラム』『バベル』の脚本家として紹介されていたのだが、後でさらに調べると『アモーレス・ペロス』『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』の脚本もやってる人だった。
実はこの二本とも私は見て気に入らなかったんだよねえ……(~_~;) 特に『アモーレス・ペロス』は見てブチ切れてしまったぐらい腹が立ったのだ。
事前によく調べればよかったですよfoot
過去の自分の感想を読み直したら、ちゃんとこの脚本家は避けるようにしよう、と書いてあるではないか。すっかり忘れておったよ。トホホである)

ところで、私が興味を持ったのはこの中では全く描かれなかった、不倫男女の妻の方である。亭主が人妻と浮気していて、それを二人が一緒にいて死んだ時に初めて知った時の心中はいかばかりであろうか。妻として女として耐え難い恥辱ω(ToT)ωだろうと推測するのだが……。
日本でも似たような話を聞いたことがあるし、どんな風に描かれるのかと思っていたが、監督さんの方は全く興味がなかったようですね、ハイ。

ドラマ『コールドケース』のスコッティ役ダニー・ピノが出演している。だが、最初は帽子かぶっていて彼だと気づかず、気づいた後はずっと昏睡しているのであった(>_<)


主観点:5点
客観点:7点

|

« 「イタリアのヘンデルとその周辺」:ヘンデル・イヤーの本命来たる! | トップページ | 「レクチャー・コンサート~古楽への扉2」:扉は開いたか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/46572474

この記事へのトラックバック一覧です: 「あの日、欲望の大地で」:許されざる「女」:

» あの日、欲望の大地で [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『愛の傷なら、いつか輝く。』  コチラの「あの日、欲望の大地で」は、「21グラム」、「バベル」の脚本家のギジェルモ・アリアガの長編監督デビュー作で、9/26公開となったPG-12指定の愛と宿命の物語なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  主演は、シャーリーズ...... [続きを読む]

受信: 2009年10月25日 (日) 01時29分

» 夜明けの街で【東野圭吾】 [本・月のうさぎ堂]
思い込みとは恐ろしいものです。人間ひとつのことを思い込むとなかなかそこから抜け出せません。何事においてもそうですよね。柔軟な発想と思考能力。日頃から訓練訓練。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 2日 (月) 22時56分

» mini review 10446「あの日、欲望の大地で」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
『21グラム』や『バベル』などの脚本家として知られるギジェルモ・アリアガが、監督として長編デビューを飾った壮大な愛の物語。愛を渇望する悲しい宿命を背負いながらも、一筋の光に導かれる3世代の女性たちの生き様を真摯(しんし)に描く。ミステリアスな主人公とその母親を演じるのは、シャーリーズ・セロンとキム・ベイシンガー。このオスカー女優二人が肉体をさらけ出し、ひたむきに熱演する女性たちの魂の叫びやその悲しみに圧倒される。[もっと詳しく] 火、風、水、土の四大要素(Element)を、勝手にキャラに当て嵌... [続きを読む]

受信: 2010年3月 7日 (日) 03時35分

» あの日、欲望の大地で■本当の主人公はマリアか? [映画と出会う・世界が変わる]
原題は「THEBURNINGPLAIN」。これはあの二人が死ぬことになるトレーラーハウスの炎のことか、若い二人がお互いを忘れないために痕跡を作るための炎の意味なのか、まさに大地を人間の欲望の炎が燃えているというドラマである。最初の2世代は、まさに親の因果が子に報いと...... [続きを読む]

受信: 2010年3月 7日 (日) 14時34分

» 「あの日、欲望の大地で」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
重い過去、そして女3世代の愛を求める姿・・ [続きを読む]

受信: 2010年3月17日 (水) 13時04分

« 「イタリアのヘンデルとその周辺」:ヘンデル・イヤーの本命来たる! | トップページ | 「レクチャー・コンサート~古楽への扉2」:扉は開いたか? »