« 「南に帰る」:嵐の前の静かなライヴ | トップページ | 「肉体の悪魔」:これが本当のリメイクか »

2009年10月15日 (木)

「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」:この題名で見る人と見ない人、どちらが多いでしょう

0901015
監督:ウェイン・クラマー
出演:ハリソン・フォード、レイ・リオッタほか
米国2009年

邦題とハリソン・フォード主演ということで、最初から内容を誤解してしまいそうであるが、別にアクションやサスペンスではない。なんとかしてくれ~dash

米国にやってくる様々な移民や不法滞在者を描いた群像劇である。H・フォードはその中の幾つかのエピソードに絡んでくるだけで「主役」という感じではない。
「第二のニコール」を目指してオーストラリアから来た女優志望の娘や、ユダヤ教聖職者を偽るミュージシャンの若者、出稼ぎに来て子どもを残して送還されてしまうメキシコ人の母親、政治的な問題で移住して来た裕福なイラン人一家……切羽詰まった者、夢を抱いて来た者など、立場も理由も様々な人々が登場する。

ただ、無理やり群像劇として全員の人々を関係づけるのはちょっと難しかったように思える。そんな風にうまくつながるか(?_?)という部分多数だ。。
移民問題専門の女弁護士が、不正を犯した移民審査官の夫が逮捕されてサッパリとした顔つきでアフリカ系の女の子を養子として迎えに来たのには、笑ってしまった。

とはいえ、いずれの登場人物も実際にあったケースを元に作られたようなリアリティを感じさせる。その中で唯一リアリティが感じられないのが、H・フォード扮する移民局の捜査官だ。こんな状況の中で人情と正義を貫く人物がいるとは、彼こそファンタジーの産物に他ならないだろう(そういう意味では適切なキャスティングかgood)。

最も悲惨なエピソードとなった、学校でテロリストに同情的な発言をしたバングラディシュの少女の元ネタはこちらの事件だと思われる。

「「反戦」女子高生が退学   脅しや中傷に耐えかね」

この記事には記されてないが、この高校生はパナマ出身らしいからイスラム教徒ではないだろう。まさに「挙国一致」「撃ちてしやまん」の世界である。


この手の問題になると法は法、「不法」なんだからいけないという議論が必ず出てくる。しかし、法は確かに平等で公正であるが、法の執行は必ずしもそうではない。この映画の中にも法を犯していながら見逃される者がいる。そして、法が現実に伴わない事態があるからこそ「情状酌量」とか「裁量」ということも存在するのだ。

……などと色々考えさせられる作品ではあった。
ただ、なんというか料理に例えれば「うま味」に当たるものがないんだよねえ(v_v)

問題は人物の出身国が見てて実はよく分からないケースが多かったこと。少女はインドネシアあたりかしらんと推測したり、ラビに化ける青年が南アフリカ出身とは思わなんだ。パンフレット見ると分かるのかな?


主観点:6点
客観点:7点

【関連リンク】
《ノラネコの呑んで観るシネマ》

|

« 「南に帰る」:嵐の前の静かなライヴ | トップページ | 「肉体の悪魔」:これが本当のリメイクか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/46489102

この記事へのトラックバック一覧です: 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」:この題名で見る人と見ない人、どちらが多いでしょう:

» 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『アメリカを守る正義か。 人々を救う正義か。』  コチラの「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」は、全米に1,100万人いると言われる不法滞在者問題を真摯に受け止め描いた9/19公開のPG-12指定の社会派サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪なんでもハリ....... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 10時09分

» 正義のゆくえ I.C.E特別捜査官・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「正義のゆくえ I.C.E特別捜査官」といういかにもな邦題と、ハリソン・フォード主演という事で、殺人事件をモチーフにしたハリウッド製エンタ... [続きを読む]

受信: 2009年10月15日 (木) 11時05分

» 『正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』 / "Crossing over" [雅薫の関心空間]
あまりに退屈で、頭が痛くなる駄作、超駄作。何ら意味のない… [続きを読む]

受信: 2009年10月22日 (木) 14時51分

» 「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(CROSSING OVER) [シネマ・ワンダーランド]
9・11同時テロ多発事件以降、深刻化する米国の不法移民問題をハリソン・フォード主演で描く社会派サスペンス「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(2009年、米、113分)。この映画は、様々な人種の移民を取り上げた群像劇で、不法移民らの過酷な現状と問題点を浮き彫りにする。監督は南アフリカ出身で、自身もグリーンカード(永住許可証)を取得した移民でもあるウェイン・クラマー。... [続きを読む]

受信: 2010年7月20日 (火) 23時23分

« 「南に帰る」:嵐の前の静かなライヴ | トップページ | 「肉体の悪魔」:これが本当のリメイクか »