« 「肉体の悪魔」:これが本当のリメイクか | トップページ | 「イタリアのヘンデルとその周辺」:ヘンデル・イヤーの本命来たる! »

2009年10月18日 (日)

20年前のライヴを再見

0901018
10月17日の夜にNHK-BSで「黄金の洋楽ライヴ」でトッド・ラングレンの東京公演を放送すると気づいたのは、その日の夕方だった。
1990年というと「ニアリー・ヒューマン」を出した少し後ぐらいで、私もこのツァーの時に行った。もう20年近くも経っているんですなあ。20年もあっという間だ( -o-) sigh...

改めて見てみると、過去のヒット曲を完全にソウルやR&Bのショーの形式を踏襲して演奏するという趣向。JBのマントも登場する。振りをつけたバックコーラス隊やミュージシャン達も完璧goodだー。

もちろん、トッドは全編ソングライター、シンガー、パフォーマーとして卓越した才能を示し、最盛期のアーティストがだけが持つオーラを放っていた。
やはり彼は天才であるなあfujiと言わずもがなのことをしみじみと感じたのである。

|

« 「肉体の悪魔」:これが本当のリメイクか | トップページ | 「イタリアのヘンデルとその周辺」:ヘンデル・イヤーの本命来たる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/46515849

この記事へのトラックバック一覧です: 20年前のライヴを再見:

« 「肉体の悪魔」:これが本当のリメイクか | トップページ | 「イタリアのヘンデルとその周辺」:ヘンデル・イヤーの本命来たる! »