« ヘンデル「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ全曲」:真作・偽作・真作・偽作…… | トップページ | 「名器で聴くマエストロ・シリーズ 4 弦の道」:戦後日本の音楽教育を憂う »

2009年11月 6日 (金)

大貫妙子「ピュア・アコースティック2009」:22年目の涙、涙、また涙

0901105
会場:JCBホール
2009年11月1日

22年も続いたアコースティック・コンサートのシリーズも今年で終了(!o!)だって。思えば私が最初に聞いたのは確か跡見女子大講堂だったわ。当時はチケットのネット販売とかもなくて、なかなか良い席が取れなくて泣いたものよ。22年もあっという間だわねえー。
note寄り添う月日を思えば~、語る言葉もないほどみじ~か~いnotes もう歌っちゃうわよ、あたし(ToT)

でも、最後にしては会場がちょっと……。オペラシティとかオーチャード・ホールとは言わないまでも、せめて国際フォーラムあたりでやって欲しかったわ。
JCBホールって音楽専門のトコじやないんでしょ(?_?) それをカバーしようとしたのかどうかしらないけど、音響がひどいのよー。ハッキリ言ってデカくて雑foot 余計なノイズとかマイクが拾っちゃってるし。こんなんじゃあ「アコースティック」とは言えないわよ。
こんなのが最終公演なんてイヤ~ッ(>_<)

でもまあ、DVD用の撮影隊が入って曲も多めにやってくれたのは嬉しかったわ。濃いグレーを基調にしたお衣装の着こなしも素敵(*^^*) 私があんなの着たらネズミ男ならぬネズミ女になっちゃうもの。ただ、ター坊の喉の調子はあまりよろしくなかったようで、しきりに曲の合間にお水を飲んでたわね。
山弦の小倉博和のギターが今回入ったのはとてもよかったわ。

恒例のプレゼント・タイムもますます人が少なくなって……down寂しいッ。毎年来ていた男性二人連れ(兄弟かしらん?)も今回はいなかったし。えっ、なに?そんなこと言うならお前が行けpunchって? キャー、そんなの恥ずかしいーO(≧▽≦*)Oイヤ~ン

これからはバンド編成でやるみたいなので、そちらで聞かせてもらうわよー。でもライブハウスやクラブは行きにくいのでなるべくホールを希望spa

|

« ヘンデル「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ全曲」:真作・偽作・真作・偽作…… | トップページ | 「名器で聴くマエストロ・シリーズ 4 弦の道」:戦後日本の音楽教育を憂う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/46691742

この記事へのトラックバック一覧です: 大貫妙子「ピュア・アコースティック2009」:22年目の涙、涙、また涙:

« ヘンデル「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ全曲」:真作・偽作・真作・偽作…… | トップページ | 「名器で聴くマエストロ・シリーズ 4 弦の道」:戦後日本の音楽教育を憂う »