« アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア:歌がなくともヘンデル節炸裂 | トップページ | 「バロック de クリスマス」:上野の聖夜に吹くは○息 »

2009年12月26日 (土)

「カールじいさんの空飛ぶ家」(字幕版):飛んで過去行くボロの家

0901226
監督:ピート・ドクター
声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ
米国2009年

ご近所のシネコンは吹替版及び3D吹替版ばかりだったので、あわてて都心の映画館まで行って字幕版を見てきた。
予想外だったのは「空飛ぶ家」が飛んでいるのは最初の方だけで、後はほとんど「浮いている」状態だったこと。予告で引っ張ってる場面は見ていたけど、これほどとは--という感じだ。

ピクサー初の人間が主人公の作品sign01という触れこみだったが、その「人間」というのが頑固な爺さんと生意気な小僧、というのが笑っちゃう。キレイなねーちゃんやイケメンのヒーローも出て来ない。こんな話、実写だったら絶対にゴーサインokが出ないだろう。
その爺さんも頑固が行き過ぎて暴力沙汰の騒ぎ--その「暴力」をかなりあからさまに描いているのにビックリした--で好感度低いdownし、少年に至っては早くもメタボ体型な図々しいお子チャマで、「何が野外生活だpunchお前スナック菓子ばっかり食ってるだろう」とほっぺたをつねってやりたくなるぐらいにイライラさせられるのだ。
いやー、素晴らしいキャラクター \(^o^)/です。
他にダメダメなドジ犬や、何考えてるのか不明のケバい鳥も好演よ。

巷では、冒頭のせりふナシで夫婦の歳月を描いた場面が評判が高くて、後の話は要らないという意見が多かったが、私は両方楽しめた。
特に後半の、あれほど憧れてきた「冒険家」の真実の姿が明らかになり、それとは対照的だった主人公の過ごしてきた平凡な日常生活の意味、そして真の「冒険」とは、そして「人生」とは何かという根源的な問いへの回答が示されるくだりはシミジミとさせるものがあった。

視覚的には色とりどりの風船が雲の狭間に浮かんでいる場面や南米の高地の光景が美しかった。逆にじいさんの白い不精髭なんて細かいところまでも目が行き届いている。

ただ難を言えば、過去の作品の連想が多過ぎること。「家」とか回想場面だって「ハウル」や「つみきのいえ」だと言われればそうだし、主人公は宮崎駿クリソツ(^^;と聞けばナルホドと思う。その他、「スター・ウォーズ」の戦闘機やらドイルの「失われた世界」やら、いくらでも出てきそうだ。なんとかしてくれーdash
冒険家氏のあの後について何かフォローがあるかと思って、エンド・クレジット眺めてたけど、何もなかった……。あれで終わりなのだ。結構キビシイッ。
それから、よい子は図書館の本を破ってはいけません。ちゃんとお金を払ってコピーしましょうね(^o^)b

というわけで、やはりここはラセターご本尊の登場を待ちたい。『トイ・ストーリー3』早く見たいぞっと(^^)/

恒例の同時上映の短編は、様々な動物の(人間だけでなく)赤ん坊を運ぶコウノトリの意外なる真実の姿の物語。どうして、夕立rainが急に起こるのかよ~く分かりました……ってそういう話か(?_?; 雲のモコモコ感が素晴らしい。


じいさん度:8点
冒険度:7点

【関連リンク】
《LOVE Cinemas 調布》(ネタバレあり)
ボーッとしてると見過ごしてしまうアルバムの意味が理解できました。

《水曜日のシネマ日記》
いつも吹替版と字幕版の違いを教えてくれるテクテクさん。今回もまた重要な点が……。

|

« アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア:歌がなくともヘンデル節炸裂 | トップページ | 「バロック de クリスマス」:上野の聖夜に吹くは○息 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/47122284

この記事へのトラックバック一覧です: 「カールじいさんの空飛ぶ家」(字幕版):飛んで過去行くボロの家:

» カールじいさんの空飛ぶ家 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミング....... [続きを読む]

受信: 2009年12月26日 (土) 23時32分

» 字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』 [水曜日のシネマ日記]
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。 [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 10時04分

» 映画<カールじいさんの空飛ぶ家> [美味−BIMI−]
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの視聴でした。 とにかく始まってすぐ、ウルウルくる、みゅうみゅう。。。 子供の頃、冒険が好きだからこそ出会えたカールとエリー。 結婚してエリーが亡くなるまでのストーリーは、ほんの数分でした。 台詞は、ほとんどなし・・・。 音楽のみで流... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 11時08分

» 映画:カールじいさんの空飛ぶ家 3D [よしなしごと]
 2010年、2本目は ディズニー映画のカールじいさんの空飛ぶ家を3D字幕版で観てきました。  3D字幕版はやっている映画館が少なく、数少ない映画館でも1日1上映だったりしますので、お正月休みのなか会社に行くよりも早起きして映画館に行ってきました。... [続きを読む]

受信: 2010年1月12日 (火) 08時02分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [Akira's VOICE]
喪失と再生の優しい人間ドラマ。   [続きを読む]

受信: 2010年1月12日 (火) 12時48分

» カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) [yanajunのイラスト・まんが道]
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 11時53分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [映画、言いたい放題!]
アニメは日本が一番と思っているので 海外のアニメはつい敬遠してしまうのですが、 この作品は評判がいいですね。 と思ったら、ピクサーですか。 なるほど、 観てみましょう。(^^) いろいろ鑑賞方法(?)があるのですが、 今回は2D、字幕で観ました。 冒険好きな少... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 00時07分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カールは1軒の空き家で同じく冒険好きな少女エリーと出会い、意気投合する。成人した二人はやがて結婚し、初めて出会った空き家を新居とした。二人の間に子供は授からなかったものの、”伝説の滝”パラダイス・フォールについて語り合い、いつかそこに行こうと約束する。... [続きを読む]

受信: 2010年8月 6日 (金) 01時41分

» カールじいさんの空飛ぶ家(感想182作目) [別館ヒガシ日記]
カールじいさんの空飛ぶ家はWOWOW鑑賞し [続きを読む]

受信: 2011年1月 9日 (日) 12時20分

» カールじいさんの空飛ぶ家 [RISING STEEL]
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...... [続きを読む]

受信: 2011年2月 3日 (木) 00時06分

« アンサンブル・リクレアツィオン・ダルカディア:歌がなくともヘンデル節炸裂 | トップページ | 「バロック de クリスマス」:上野の聖夜に吹くは○息 »