« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 12月版 | トップページ | 「パリ・オペラ座のすべて」:「すべて」はないが日常はある »

2009年12月 2日 (水)

疑惑の「日曜美術館」

11月29日の「日曜美術館」のバロック特集を見た方も多いであろう。
私も「音楽でルネサンスと比べると?」というコーナーに興味を引かれて見たのであった。が……(-o-;)

《古楽の小路》

上の記事にあるように内容は「なんじゃ(?_?)こりゃ」であった。
「ルネサンス風の曲」というのがどう聞いてもルネサンス時代のものとは思えない。現代の歌といっても全然構わないという印象。で「バロック風の曲」は単にレチとアリアの対比を「劇的」としてるようなフシもあったりして。こんな杜撰な比較でいいんだろうかと、ちょっとビックリdangerしてしまった。

なんだか結論先にありきみたいである。本筋の美術についても、紹介する画家や作品の選定自体からそんな風に思えた。
「日曜美術館」て、こんな番組だったっけsign02

|

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 12月版 | トップページ | 「パリ・オペラ座のすべて」:「すべて」はないが日常はある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/46915023

この記事へのトラックバック一覧です: 疑惑の「日曜美術館」:

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 12月版 | トップページ | 「パリ・オペラ座のすべて」:「すべて」はないが日常はある »