« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 1月版&海外アーティスト公演編 2010年版 | トップページ | 「アバター」:最新技術を駆使した力作を阻むラスボスは「あの人」? »

2010年1月 4日 (月)

「キャピタリズム マネーは踊る」:求む日本版

100104
監督・出演:マイケル・ムーア
米国2009年

うーむ、こりゃ評価が難しい映画である。
今回、M・ムーアの標的は「資本主義」という怪物である。巨大な岩と相撲を取っているようなもんだ。
これをプロパガンダ映画だと評していた人がいたが、それどころかもはやアジテーション映画と言っていいだろう。なんせ最後にゃ「立ち上がれ、全米の労働者よpunch」となっちゃうんだから(^o^;

しかし、それも仕方ないかも。有名になり過ぎてもはやアポなし取材なんて出来ないし、まともに取材を申し込んでも相手が許可しないだろう。
こうなっては犯罪現場の封鎖テープngをウォール街に引っ張るぐらいしかない。

住宅差し押さえの実況映像から始まって、米国内の資本主義の不条理な様相を事細かにこれでもかっと描いていくが、取り上げられていく事例が細かくてやはり国内向けなんである。おまけに上映時間も長いし……(コックリsleepyしてる人が結構いた)。もちろん、日本でも共通の問題はたくさん出て来るけど。
やはりこれは米国以外の国に向けたインターナショナル版も作って欲しい--って、それなら日本人が自分で日本のドキュメンタリーを作るべきですかい。
でも、大銀行bankを名指しで非難……なんてとっても出来ねえです(>_<)

それと、これだけ最近のネタを使っていると半年経てば、状況がガラッと変わってしまうという点もある。少し前のM・ムーアのインタヴューでは「オバマにはガッカリした」と言ってたし、日本に至っては総理大臣が変わってるし(^^;

とはいえ、見終って無から有をでっち上げるが如き資本主義のカラクリが少し分かったような気がした。
エンドクレジットで流れたビングバンド・ジャズ風「インターナショナル」が面白かった。

年末に見に行ったのだが、空いてるだろうと思ったら満員御礼で入れなかった(!o!) 仕方なく二時間半もブラブラして費やす羽目にfoot どこも、かなりの人手でマイッタ。みんな大掃除やらんのか~(私もやってないが)。


難解度:8点
旬度:6点

|

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 1月版&海外アーティスト公演編 2010年版 | トップページ | 「アバター」:最新技術を駆使した力作を阻むラスボスは「あの人」? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/47200164

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャピタリズム マネーは踊る」:求む日本版:

» 「キャピタリズム~マネーは踊る~ 」悪者を決めつけるより、そこ... [soramove]
「キャピタリズム~マネーは踊る~ 」★★★ マイケル・ムーア監督、127分 、 2010年1月9日公開、2009年、アメリカ (原題:CAPITALISM: A LOVE STORY)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「おデブなマイケル・ムーア監督がヨタヨタと歩きながら、 キャピタリズム(資本主義)支配下で大金を動かす組織や CEO(最高責任者)にマイク... [続きを読む]

受信: 2010年1月15日 (金) 20時17分

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 1月版&海外アーティスト公演編 2010年版 | トップページ | 「アバター」:最新技術を駆使した力作を阻むラスボスは「あの人」? »