« 「誰がため」:欧州大戦暗黒裏面悲話(●女子妄想付き) | トップページ | 北谷直樹チェンバロリサイタル「バビロンの流れのほとりにて」:みぞれの池袋に黄色い歓声が飛ぶのだ »

2010年2月 7日 (日)

「ずっとあなたを愛してる」:文科系映画

100207
監督:フィリップ・クローデル
出演:クリスティン・スコット・トーマス、
フランス2008年

よれたコートを着た中年女が一人、タバコを吸いながら佇んでいる--。
クリスティン・スコット・トーマス、歳取ったとはいえ相変わらず美人shine こういう場面が似合うんであったよ。

女は実はムショ帰り。そこへ長年疎遠だった妹が迎えに来る。妹は夫の反対をよそに自分の家へ住まわせるが、なかなか打ち解けては来ない。職探しもなかなか思うようには進まず。
ヒロインを中心にヒリヒリした人間関係の描写が続く。頂点は妹夫婦の友人たちと別荘へ遊びに行った件りだろう。酔っぱらった声のデカい男が彼女は今までどこにいたのかと囃し立てる。このエピソードの顛末は極めて皮肉だ。
また、アルツハイマーの母親と再会する場面も興味深かった。頑固で強大な母親に限って、さっさとボケて弱くなっちゃうのはどういうことよ。腹立つんだよねーdashなんてここで言っても仕方ないことですが(^o^;

ただ、様々なエピソードで引っ張った割にはラストは予定調和に収束してしまったような印象がある。最後に明かされる女の「犯罪」が情状酌量できるものだったというのも大きいだろう。もっと極悪非道なモンだったらどうしようかとドキドキheart01して見ていたのだけどね。
途中退場の刑事のエピソードはやや唐突。効果的だったのかは疑問だ。

監督は人気のある作家とのこと。これが監督一作目らしい。そいうい面では良くも悪くもいかにも文科系映画という感じであった。
とはいえ、やはりC・S・トーマス絵になります。これがプヨブヨしたオバハンだったら、男も構ってくれないよね~。妹役のエルザ・ジルベルスタインは早くも最優秀妹賞決定か。

別荘に家族連れで集まり庭を子どもが走り回ってワイワイやってる場面は『夏時間の庭』を思い出させた。もっともあれは友人でなく、親戚で集まっていたのだが。
M・ハネケの『隠された記憶』では自分の家に友人たちを招いて手料理を出して、食卓で議論する場面があった。フランスの知識階級はああいう場で会話でやりあう、みたいのをよくやるんだろうか?

情状酌量の余地ある犯罪というつながりで、見ていてM・マンの『ジェリコ・マイル』も思い出した。こちらの主人公は父親を殺した罪で終身刑だったのだが、模範囚で仮釈放の候補となる。しかし、審査の場で「もう一度同じ立場になったら、同じ行為を繰り返しますか」という問いに答えられず、監獄に逆戻りしてしまうのである。


主観点:7点
客観点:7点

【関連リンク】
《まどぎわ通信》

|

« 「誰がため」:欧州大戦暗黒裏面悲話(●女子妄想付き) | トップページ | 北谷直樹チェンバロリサイタル「バビロンの流れのほとりにて」:みぞれの池袋に黄色い歓声が飛ぶのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/47499294

この記事へのトラックバック一覧です: 「ずっとあなたを愛してる」:文科系映画:

» 「ずっとあなたを愛してる 」生きていてもいいですかと誰も怖くて聞けないのだ [soramove]
「ずっとあなたを愛してる 」★★★★☆ クリスティン・スコット・トーマス、エルザ・ジルベルスタイン主演 フィリップ・クローデル 監督、117分 、 2010年2月6日公開、2008,フランス,ロングライド (原題:IL Y A LONGTEMPS QUE JE T'AIME)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 主演のクリスティン・スコット・トーマスの熱演が光る。 「空港のロビーに... [続きを読む]

受信: 2010年2月17日 (水) 07時37分

« 「誰がため」:欧州大戦暗黒裏面悲話(●女子妄想付き) | トップページ | 北谷直樹チェンバロリサイタル「バビロンの流れのほとりにて」:みぞれの池袋に黄色い歓声が飛ぶのだ »