« 「ダイドーの嘆き」:音楽が死んだ後に | トップページ | 「コララインとボタンの魔女」(3D吹替版):家へ帰ってママの眼を確認するのは禁止 »

2010年3月17日 (水)

「抱擁のかけら」:結論・ペネロペは美人。以上!

100317
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス
スペイン2009年

粗筋紹介などを読んでてっきり、以前に見た同じ監督の「バッド・エデュケーション」みたいな、人をおちょくったいかがわしい怪作だとばかり思い込んで、喜び勇んで見に行ったのであったよ。

しかし、いくら待っても話はひねくれもひっくり返りもせず、ただそのままストレートな純愛の話として進んで行くのであった。
しかし、私はきっと最後に何か起こるに違いないo(^^)oワクワクと思っていたのだが、結局最後までドンデン返しもなく終わってしまったのであった……。

えーと(=_=;)
ただ純愛一本やりの話に128分は長過ぎないか?
確かにペネロペ・クルスは美しかったshine それは認めよう。だが、そのような「公然の事実」を2時間強かけて描いただけだというのでは、あまりに芸がないのではないかね。
おまけにラストに登場する劇中映画がこれまた……なんだか昔の米国製TVコメディ「ルーシー・ショー」を思い出してしまった。食べたはずのマフィンの数がいつの間にか戻ってるし(わざとやってる?)、これでスタジオの笑い声なんか入っていたら完璧だ。でも「ルーシー・ショー」の方が正直面白いと思うが。

まあ、これは勘違いして見に行ってしまった私が悪いbomb
背景に使われているアートやインテリアは素敵だった。
あの息子が何のために再び主人公の前に現われたのかは最後まで分からなかった。

ペネロペ美人度:10点
その他:3点


|

« 「ダイドーの嘆き」:音楽が死んだ後に | トップページ | 「コララインとボタンの魔女」(3D吹替版):家へ帰ってママの眼を確認するのは禁止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/47835793

この記事へのトラックバック一覧です: 「抱擁のかけら」:結論・ペネロペは美人。以上!:

» 抱擁のかけら [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『愛から逃げて、愛と出逢う』  コチラの「抱擁のかけら」は、4度目のコンビとなるペドロ・アルモドバル監督、ペネロぺ・クルス主演で、<究極の愛>の誕生から崩壊、そして再生を描いた2/6公開のPG12のラブ・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪14年....... [続きを読む]

受信: 2010年3月17日 (水) 19時03分

» 「抱擁のかけら」(BROKEN EMBRACES) [シネマ・ワンダーランド]
スペインのオスカー女優、ペネロペ・クルス主演のミステリ仕立てのラブ・ロマンス「抱擁のかけら」(2009年、西、128分、PG-12指定、ユニバーサル映画配給)。この映画は、生涯をかけた愛が崩壊し、視力や人生までも失った映画監督が、これまで封印していた悲劇を明らかにし、再び生きる道を見出していくさまを、ミステリアスにまた情感たっぷりに描き出す。監督は、「トーク・トゥ・ハー」などの作品で知られるスペインの鬼才 ペドロ・アルモドバル。本作は第62回カンヌ国際映画祭パルムドールにノミネートされた。...... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 20時06分

» 『抱擁のかけら』'09・西 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ14年前、映画監督のマテオは、女優を夢見る女性レナと出逢い、恋に落ちるが、レナには富と権力で彼女を支配するパトロンのエルネストがいた・・・。感想ゴールデングロー... [続きを読む]

受信: 2011年1月15日 (土) 21時09分

« 「ダイドーの嘆き」:音楽が死んだ後に | トップページ | 「コララインとボタンの魔女」(3D吹替版):家へ帰ってママの眼を確認するのは禁止 »