« 「イギリスのコンソート音楽 勇気と喜びのシンプソン」:まさに「共」演を楽しむ | トップページ | 7なんて知らないよ »

2010年4月22日 (木)

「しあわせの隠れ場所」:一体これは現実なのか--見ていると不安になる作品

監督:ジョン・リー・ハンコック
出演:サンドラ・ブロック
米国2009年

苦労は分かるが、この邦題はやはり何とかして欲しかった(\_\;

オスカーがらみの映画としては『ハート・ロッカー』と並んで評価の分かれる作品である。裕福な白人一家が夜のドライブ中に、息子と同じ学校に通っているという以外に縁もゆかりもない黒人少年が雨の中を着のみ着のままで歩いているのを見かけて、車に乗せて連れ帰り、そのまま家で同居させてやる……。
何が驚くってこれが実話(!o!)だということだ。でなければ、こんなデタラメな話を書く脚本家は力の限りに罵倒されるだろう。

映画ファンとしては当然、車に乗せた少年が実は連続殺人鬼hairsalon(→『ヒッチャー』)とか、家に入った途端にバットで主人を襲撃punch(→『ファニーゲームU.S.A.』)みたいな展開を想像するのだが、そうはならない。
しかし、見ている側としては実話と分かってはいても、「なんだか信じられん」感から逃れられずただボーッと事態を眺めるのみなのである。
露骨な感動盛り上げ路線を避けているのはいいけど、逆にそれが裏目に出てしまったのかも知れない。

少年を家に連れ帰ったヒロインについては、実物は相当にキョーレツな人物らしい。サンドラ・ブロックは自らの「隣りのおねーさん」の持ち味を生かして、「きっぷのいい奥さん」風に嫌味なく演じているが、むしろキョーレツなままなキャラクターの方が真実味というか説得力が出たかも知れない。
メリル・ストリープとオスカーの主演女優賞を競って、直前まで下馬評が分かれた揚げ句に彼女がゲットしたのだが、正直それに値する演技であるかは疑問である。人柄好感票とか「今回上げなければもう貰えないだろうし」票が集まったのかね(^^?

それにしても、奥様仲間から「同じ屋根の下に年頃の娘さんと一緒で大丈夫sign02」と言われてタンカを切ったはいいが、後で心配になって(今さらのように)娘に尋ねてみるって……これもホントですかsweat01 なんだかこれでは、ウッカリ奥さんだ。

それから実話と言っても少なくとも十年ぐらい前の話なのかと思ったら、最後に御本人たちのその後が登場する場面で、その時点で少年はようやく大学を卒業してフットボールのチームに入ったばかりなのが判明する。これまたビックリ。青田買いな話であるなあ。

まあ、S・ブロックのファンとアメフト・ファンにはにオススメと言っておこう(本物のコーチやらスカウトマンが多数登場してるらしい)。これも上映時間2時間以上。最近こんなのばっかだannoy
それから字幕を読んで何を意味しているのかどうもよく分からない場面が数か所あり。DVD発売時には改善されていることを祈る。


現実度:5点
トンデモ奥様度:7点

|

« 「イギリスのコンソート音楽 勇気と喜びのシンプソン」:まさに「共」演を楽しむ | トップページ | 7なんて知らないよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/48149971

この記事へのトラックバック一覧です: 「しあわせの隠れ場所」:一体これは現実なのか--見ていると不安になる作品:

» しあわせの隠れ場所 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『あなたの人生史上、最高の実話』  コチラの「しあわせの隠れ場所」は、「ウルトラ I LOVE YOU!」でラジー賞を受賞したサンドラ・ブロックが、その翌日オスカーを獲得したバイオグラフィー映画です。とは言っても主演はもちろんサンドラなのですが、主人公は全米で知ら...... [続きを読む]

受信: 2010年8月 1日 (日) 19時25分

» 「しあわせの隠れ場所」(THE BLIND SIDE) [シネマ・ワンダーランド]
「あなたが寝てる間に」「スピード」などラブ・コメやサスペンス映画などで知られるサンドラ・ブロック主演で、実在するプロ・アメフト選手の少年時代を題材にしたスポーツ・ヒューマン・ドラマ「しあわせの隠れ場所」(2009年、米、128分、ジョン・リー・ハンコック監督、ワーナー映画配給)。この映画は、過酷な過去をもつ黒人少年が、ある家族との出会いにより、才能を開花し、プロのアメフト・チームに指名されるまでを描く。本作は、第82回オスカー主演女優賞(S.ブロック)を受賞した。... [続きを読む]

受信: 2010年8月22日 (日) 07時20分

» しあわせの隠れ場所 [映画、言いたい放題!]
しばらく邦画ばかりの鑑賞が続きました。 久しぶりの洋画は、 先輩の女優さんのオススメ映画です。 彼女のおうちでは、 家族皆でDVD鑑賞をするそうです。 良い家族ですね。(^^) DVDで鑑賞。 家族と裕福に暮らすリー・アンは、 寒い夜、雨に濡れながらTシャツ一枚で街... [続きを読む]

受信: 2010年11月14日 (日) 23時13分

« 「イギリスのコンソート音楽 勇気と喜びのシンプソン」:まさに「共」演を楽しむ | トップページ | 7なんて知らないよ »