« 副業でいい加減だと本業も…… | トップページ | 「プリンセスと魔法のキス」(字幕版):ワニが歌えばカエルも踊る »

2010年8月23日 (月)

「美術館の政治学」

100823
著者:暮沢剛巳
青弓社ライブラリー2007年

日本の美術館の歴史、そして現在を解説している本である。
そもそも英語のミュージアムという概念には博物館も入っているそうである。で、その定義からすると国立新美術館はミュージアムではなく、ナショナル・ギャラリーなのだそうだ(実際、そう名乗っていた)。

歴史の面では万国博覧会、日本民藝館、上野公園、遊就館などが取り上げられている。柳宗悦については、名前は聞けど実はよく知らず状態だったので、なるほどこういう人物かとまた一つ賢くなりました(^^;
西武美術館については、よくお世話になったので懐かしささえ感じた。西武に限らずデパート系の美術館にはよく行ったもんである。そのほとんどが消滅してしまったが。

現状については、ICCの閉館騒動、国立新美術館、地方の新設公立美術館--これらを取り上げた章については関係者に気を使って(?)か、記述にいささか鋭さが足りないような気がするが、多分気のせいなのだろう。

あと、2007年の出版なので本当の「現状」はさすがに書かれてはいない。アートシーンは回転が早いからのうsoon

|

« 副業でいい加減だと本業も…… | トップページ | 「プリンセスと魔法のキス」(字幕版):ワニが歌えばカエルも踊る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/49231859

この記事へのトラックバック一覧です: 「美術館の政治学」:

« 副業でいい加減だと本業も…… | トップページ | 「プリンセスと魔法のキス」(字幕版):ワニが歌えばカエルも踊る »