« 「カラフル」:人間が嫌いでも口に出して言わないのが大人というものよ | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 9月版 »

2010年8月30日 (月)

「情念と秩序 3 テレマンの室内楽」:残暑に負けずテレマン

100830
演奏:向江昭雅ほか
会場:近江楽堂
2010年8月29日

リコーダーの向江氏に長岡聡季(ヴァイオリン)、平井み帆(チェンバロ)という組合わせでテレマンのソナタなどを聴く。なんとこれが8月唯一のコンサートである。
まだ残暑厳しいspaとはいえ、場所は近江楽堂である。冷風よけのジャケットをしっかり持参だー。

一日2回公演だったので、客の数は多くない。しかもほとんどが身内のようだ。珍しくキャピキャピした若い娘さんたちの集団がいてビックリだったが、向江氏の教え子かしらん。
他にも平井女史とケルト音楽をやっている守安夫妻も客席にいたもよう。

テレマンというと作品数は多いし、活動期間も長いんでどうもイメージが定まらないところがある。今回は最小編成のソナタ、独奏曲をなどを中心にしてキビキビとした演奏を聴かせてくれた。とりあえず残暑も吹き飛ぶ勢いありのコンサートであった。

曲の合間には、テレマンが「週刊××」みたいに楽譜を順に分割して売って儲けた商売人だとか、ヘンデルのガーデニング好きはテレマン経由の日本発祥--という珍説も聞かせてくれた(ホントか)。でも盆栽とガーデニングは違うような……。


帰りに久し振りに新宿のタワー・レコードのクラ売り場に寄ってみたら、なんと古楽売り場が縮小(!o!) しばらく前に試聴機もなくなっちゃったし(´・ω・`)ショボ~ン
もう後は渋谷のタワーしかないかfoot


|

« 「カラフル」:人間が嫌いでも口に出して言わないのが大人というものよ | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 9月版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/49298070

この記事へのトラックバック一覧です: 「情念と秩序 3 テレマンの室内楽」:残暑に負けずテレマン:

« 「カラフル」:人間が嫌いでも口に出して言わないのが大人というものよ | トップページ | 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 9月版 »