« 「パリ20区、僕たちのクラス」:教育にハッピーエンドなし | トップページ | ガンダム見物 »

2010年8月 8日 (日)

「インセプション」:スクリーンを眺めながらこう考えた。 知に走れば訳分からん。 情に棹差せば感傷的。 意地を通せば金がかかる。 兎角に映画は作りにくい。

100809b
監督:クリストファー・ノーラン
出演:レオナルド・ディカプリオ
米国2010年

クリストファー・ノーランの監督作は、『メメント』以降のものはずーっと見てきたが、常にはずれナシであった。だが、今回の作品はこれまでの中で一番詰まらなかった。あの『ダークナイト』の以来の新作とあって、大期待していたのにさ。残念無念であ~るfoot

依頼を受けて他人の夢の中に潜り込み、秘密を盗んで産業スパイの類いを生業とする男たち--この「夢」や潜入の設定は難しくて、見ていて混乱してくる。
だが、この難解さはどちらかというと、単に基本的な情報を観客に対して隠しているために過ぎないのではないか。
普通この手の話だと、基本的な計画がある程度示されて、それが実行時に邪魔が入ってハラハラドキドキになるわけだが、それが全く示されていないので、見ててアクシデントなんだか計画の一部だかよく分からない。だから観客はいつも「キツネにつままれている」sign02状態になってしまうのであった。

早い話が、バンに一同が乗って走り回ってるのは襲撃から逃げているのかと思ってたら、最初から計画されていたことだった。だったら、ガレージの裏に崖でも作っときゃ簡単じゃないかokと思っちゃうのは私だけか。
その他アラを探せばいくらでも出てくる。だいたいにして計画を実行する度に女が出てきて邪魔をするのに、どうして他のメンバーが平然としているのか分からない。さらに、そんな危険を放置したまま肝心の依頼主を参加させるのも謎である。

『メメント』の時は複雑な設定や時間軸の混乱の中を突き抜けた先に、主人公に悲哀を感じさせたのだが、こちらの主人公にはどうにも共感も同情も出来なかった。これは主役のレオナルド・ディカプリオが、ちょっと私は苦手なせいもあるだろうけど(-.-;)
あと、アクションが単調で長くて少し退屈してしまった。

夢ネタの映画はこれまで山ほど作られているので、人それぞれ色んな作品を思い浮かべるだろう。
私は無重力ホテルの場面では(当然ながら)『マトリックス』、集団でコードでつながって異世界へ没入というのではクローネンバーグの『イグジステンズ』、老人のサイトーには『2001』を連想した。そして、妻のエピソードについては『ソラリス』。マリオン・コティヤールはエディト・ピアフだ!(なぜにピアフよnotes

街が折り畳まれたり、エッシャーの騙し絵を映像にしたヴィジュアルはお見事。一見の価値はあるが、二見はしなくていいような……dash
ラストが夢世界なのか現実なのか、ネット上で話題になっているが、正直のところどちらであろうとどうでもいいという気分である。
役者たちについてはほとんど文句はない。トム・ベレンジャーはお久し振り。

ノーラン監督には『バットマン』の第3作目に期待をするとしよう。


夢没入度:6点
納得度:4点


|

« 「パリ20区、僕たちのクラス」:教育にハッピーエンドなし | トップページ | ガンダム見物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/49099380

この記事へのトラックバック一覧です: 「インセプション」:スクリーンを眺めながらこう考えた。 知に走れば訳分からん。 情に棹差せば感傷的。 意地を通せば金がかかる。 兎角に映画は作りにくい。:

» インセプション [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『お前の頭へ侵入する─』  コチラの「インセプション」は、クリストファー・ノーラン監督、レオナルド・ディカプリオ主演の7/23公開のSFミステリーなのですが、7/17〜19は先行上映ってことで、その先行上映の初日のレイトショーで早速観て来ちゃいましたぁ〜♪一昨年の....... [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 02時02分

» インセプション [映画的・絵画的・音楽的]
 色々喧しく議論されているようなので、それではと『インセプション』を渋谷ヒューマントラストシネマで見てきました。 (1)なかなか理解が難しい映画だと聞いていたものですから、冒頭から心して見たせいか、それほど混乱せずになんとか見終わることができました。むろん、全部がわかったと言うつもりもありませんが。  お話のあらましは次のようです。主人公コブ(デカプリオ)は、人の意識からアイディアを盗む仕事を請け負う企業スパイ。ある大企業トップのサイトー(渡辺謙)から、ライバル企業のトップとなる予定のロバートに... [続きを読む]

受信: 2010年8月13日 (金) 04時51分

» インセプション(ネタバレ注意) [悩み事解決コラム]
{amazon} {amazon2} 胡蝶の夢(こちょうのゆめ) 「以前のこと、わたし荘周は夢の中で胡蝶となった。 喜々として胡蝶になりきっていた [続きを読む]

受信: 2010年8月14日 (土) 19時18分

» インセプション [Akira's VOICE]
なんという事でしょう。  面白すぎます!   [続きを読む]

受信: 2010年8月17日 (火) 12時26分

» インセプション(感想171作目) [別館ヒガシ日記]
インセプションは劇場で鑑賞だが結論は凄かったよ [続きを読む]

受信: 2010年8月22日 (日) 10時56分

» 映画:インセプション [よしなしごと]
 毎日暑いですね~。出かけるのもおっくうなので夏休みでもやっぱりレイトショー。そんなわけで他の書込を見てもすこぶる評判の良いインセプションを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年8月22日 (日) 21時59分

» 『インセプション』’10・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ人が夢を見ている間に、潜在意識の奥底にまで潜り込み他人のアイデアを盗む出すスペシャリストのコブ。そんな彼に、「インセプション」と呼ばれるミッションが課せられる・... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 16時42分

» 映画を観るなら インセプション [映画を観るなら]
突拍子も無い理論をネタにして無理矢理映像化してみたような内容だった。何度も何度も「ありえねー」と思ってしょうがなかったけれど発想がユニークで引き込まれてしまう不思議な映画でした。もっとアクション性の強い映画かと思ってたけど結構地味でした。一回観ただけで.. ... [続きを読む]

受信: 2010年12月29日 (水) 23時47分

» インセプション [映画、言いたい放題!]
この映画、実は夏に公開になった時に観たのです。 で、何でレビューがこんなに遅くなったのかというと、 実は、映画の途中で寝てしまったのです。 朝一番の回を観に行ったのですが、 この夏はとても暑かったせいか、 物凄く冷房がきつかったのです。 おまけに首が寝違えてい... [続きを読む]

受信: 2010年12月31日 (金) 02時24分

« 「パリ20区、僕たちのクラス」:教育にハッピーエンドなし | トップページ | ガンダム見物 »