« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 12月版 | トップページ | 「黙示録--デューラー/ルドン」:視線の先に在るもの »

2010年12月 3日 (金)

「トン・コープマン チェンバロ リサイタル」:サンタの格好が似合いそうな

101203
会場:紀尾井ホール
2010年11月24日

前回来日時のコンサートではオルガンを聞いたコープマン--なので、今度はチェンバロを聞いてみた。

世界最速の男onかどうかは定かではないが、少なくとも世界で二番目の地位は確実にキープしているのう(^^)/と思えるほどのダイナミックかつ細心な演奏だった。
曲が終わるとペコッペコッとぜんまい仕掛けの人形のようにおじぎするのは前回同様で、ちょっと笑っちゃう。子供の頃、似たような白いヒゲを生やしたおじーさんの人形(地下に住む妖精?)を持っていたのを突然に思い出してしまった。

プログラムはバッハを中心にブクステフーデ、フローベルガーという先輩筋と同時代のヘンデルを合わせて演奏する……はずだったのが、なぜかヘンデルはバッハと差し替えになってしまった。ヘンデル先生も聞いてみたかったなー。
アンコールはバッハと何故か突然にソレールをやった。

終演後のサイン会は長蛇の列だった。
ところであの底が曲がっているチェンバロは鈴木マチャアキ氏の愛器かしらん(^^?

|

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 12月版 | トップページ | 「黙示録--デューラー/ルドン」:視線の先に在るもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82416/50196323

この記事へのトラックバック一覧です: 「トン・コープマン チェンバロ リサイタル」:サンタの格好が似合いそうな:

« 聴かずに死ねるか:マイナー・コンサート編 12月版 | トップページ | 「黙示録--デューラー/ルドン」:視線の先に在るもの »